【川崎市幸区修理事例】トイレ下水管のつまり

状態

川崎市幸区の店舗兼自宅の家から、トイレが流れなくなってしまったという、トラブルの相談が入りました。

トイレは毎日何回も使う場所で、異物を誤って流してしまいがちです。

異物などを流してしまうと、排水がつまり、流れなくなる原因となってしまいます。

流れなくなると異臭も発生し、大変不便となるため、できるだけ早く、水道業者に相談をすることをおすすめします。

原因

トイレが流れなくなってしまった原因は、トイレの外の下水管がつまっていたことによるものでした。

トイレは1日に何度も使い、異物を間違って流しやすい場所で、誤って水を流してしまうトラブルも多くあります。

異物を流してしまうと詰まりやすくなり、トラブルとなります。

また、流れなくなって使えないと大変に不便ですので、できるだけ迅速な対応を要します。

修理方法

店舗兼自宅の家で、奥行きが長かったので慎重に調べたところ、トイレの外の下水管の部分につまりが起こったことによって、トイレの水が流れなくなっていたことが分かりました。

対策として、高圧洗浄の機械を用いることで、つまりを押し流して貫通をさせることで、再び水が流れてトイレが使えるようになりました。

修理の時のポイント

奥行きが長い、店舗兼自宅の家でしたので、排水の出口までの通路を念入りに調査した結果、原因をつきとめました。

そして、他の原因はないか、慎重に調べ、しっかり貫通をするようにしました。

お客様の声

店舗兼住宅で使っているトイレが流れなくなり、支障が出て困っていたため「たうん水道修理センター」に相談をして、すぐ修理に来ていただきました。

トイレが流れない原因を丁寧に調べてもらって、家の外の下水管のつまりだと分かったので、専用の洗浄機械を使って丁寧に掃除をしてもらいました。

つまりがなくなり、トイレが再び使えるようになったのでとても安心しました。

これからも、水のトラブルが起こった際には、また「たうん水道修理センター」に依頼しようと思います。

担当からの一言

奥行きが長い、店舗兼自宅の家だったので、トイレが流れなくなった原因を調べるために、慎重に作業を行いました。

また、他の原因もないかも丁寧に調べました。

しっかりつまりが貫通でき、再びトイレが使えるようになってよかったです。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA