和式トイレのつまりの原因やつまったときの具体的な対処法|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

和式トイレのつまりの原因やつまったときの具体的な対処法

基本的につまりが発生しにくい仕組みの和式トイレですが、使い方によってはつまりが起こるケースも存在します。
つまりの原因や、トラブルが起きたときにどう対応すればいいのかは、知らない方も多いでしょう。

本記事では、つまりで考えられる原因やつまりのトラブルが起きたときの対応の仕方を紹介しています。
和式トイレの水が流れなくて、解消できない場合は、ぜひ参考にしてください。

また、記事の後半では、トイレのつまり以外に考えられる原因やつまらせないための予防方法も解説しているので、最後までご覧ください。

和式トイレのつまりで考えられる原因

和式トイレは洋式トイレと比べると、水が流れていく排水管が大きいので、構造上つまりにくい傾向にあります。
和式トイレのつまりは、太い排水管に何かが引っ掛かっているパターンが多いです。

つまりにつながる5つの原因を紹介します。

大量のトイレットペーパーや水に溶けにくいティッシュペーパー

水に溶けやすい性質のトイレットペーパーですが、流す量によってはつまりを発生させ、水が流れなくなり、解消が難しくなるケースも存在します。
和式トイレの場合は、よほどの量を流さない限りは、つまる可能性は低いですが、0ではありません。

水に溶けにくい性質を持つティッシュペーパーも、原因の一つです。
ティッシュペーパーの場合は、トイレットペーパーよりも、少ない量でつまるケースも多いです。

大便や吐しゃ物

大便や吐しゃ物も、少しずつ溜まっていくと、つまりを引き起こす原因になります。
排水管に引っかかった物体が固まっていき、次第に大きな塊となっていきます。
結果的に水が流れにくくなり、つまりを引き起こすでしょう。

ペット用のトイレ砂

ペット用のトイレ砂を流した場合も、排水管の中に引っかかり、蓄積するケースもあります。
「トイレに流せる」と表記してある商品もありますが、トイレットペーパーよりも水に溶けにくいのが実態です。

仮にトイレに流せるタイプでも、つまりのもとになり、トラブルを引き起こす可能性は十分にあります。

食べ残しなどの食品

食品は水に溶けないものが多いので、排水管の中で引っかかり、つまりの原因になるケースが存在します。
引っかかった食品が蓄積し、水が流れるスペースがなくなります。
実際に残飯を流した結果、つまってしまった事例は多いです。

おもちゃなどの混入物

和式トイレに混入物が流れると、つまりのもとになる危険性があります。
具体的には、スマホや筆記用具、子どものおもちゃなどです。

故意ではなく、誤って落としてしまったケースがほとんどでしょう。
しかし、一度流れてしまうと、取り除くのも難しく、つまりの原因に繋がります。

和式トイレのつまりの際の対処法

発生したつまりを直す方法は3つあります。
一つのやり方では改善できない可能性もあるため、そのときは別の方法も試してみましょう。

一時的に解消できても、頻繁に再発してしまう場合は、つまりのもとをしっかりと取り除けていない可能性が高いです。
対処してもつまりが多発するようであれば、専門の業者への依頼を検討してください。

ラバーカップで対応

ラバーカップはトイレの排水口に密着させて使います。
何度か押したり引いたりすると、つまっていた物体を取り除ける場合があります。
排水口にぴったりとくっつけて使うと効果的です。

さらにゆっくりと押し込み、空気を抜き真空状態を作ってあげると、引っ張った際につまりが解消されます。

勢いよく素早く対応するのではなく、ゆっくりと確実に対応していきましょう。

お湯を少量ずつ流す

和式トイレでは起こるのは少ないですが、つまりのもとが大便や吐しゃ物の場合には、お湯を少量ずつ流しましょう。
お湯を少しずつ流すと、つまっている物体が熱で溶け出していきます。

軽微なつまりであれば、お湯を流す対応で解消できます。
ただしこのときに、熱湯を利用すると、便器が熱で破損するリスクもあるためやめてください。

つまりが残っている場合は、ラバーカップ、または大量の水を使って対応していきましょう。
混入物が柔らかくなっているため、直る可能性は高いです。

大量の水を勢いよく流す

大量の水を使い、勢いでつまりを押し流して解消する解決方法です。
高いところから排水口にめがけて一気に流し込むと効果が高いです。

一度で解消できないケースもありますが、多少の効果はあります。
ラバーカップを使う方法と大量に水を流す方法を、交互に繰り返しながら対応して、解消を目指してください。

和式トイレのつまり以外に考えられる原因とその対処法

水が流れない理由は、つまりではない可能性も存在します。

つまり以外の原因

  • 大雨が降って下水があふれている
  • 排水桝(はいすいます)のつまり

排水桝とは、ゴミや汚泥を敷地外に排水する際に、つまりやすい箇所に点検・清掃・交換しやすいように設置している設備です。
個人での対応が難しい場合は、専門の業者に相談し、必要があるなら対応の依頼をしましょう。

和式トイレがつまらないための予防法

つまらせないためには、つまるような行動をしないように気をつけましょう。
トイレをつまらせる行動をしなければ、予防につながります。
難しいポイントはないので、一つひとつ頭に入れて注意してください。

一気に流さない

トイレットペーパーを、一度にたくさん流した結果、つまるパターンも多いです。
とくに洋式で起こりやすいですが、和式でも十分に起こる可能性があります。

使う量を減らしたり、数回に分けて水を流したりと、つまらないような工夫をしましょう。

ティッシュペーパーを流さない

基本的にトイレでティッシュペーパーを使う機会は少ないです。
仮に代変品として使用する場合は、使ったあとに流さず、まとめてゴミ箱に捨てるようにしましょう。

少しだから大丈夫と思って安易に流してしまうと、つまりを生じさせてしまうリスクがあるため、注意をする必要があります。
ティッシュペーパーは極力使わない、使った場合は必ず流さないように心がけてください。

ペット用のトイレ砂を流さない

とくに注意が必要なのは、「水に流せるタイプ」と記載されているペットのトイレ砂です。
メーカーも試験を繰り返したうえで売り出していますが、流した結果つまってしまう可能性もゼロではありません。

トイレ砂は水に溶けやすいわけではないため、流さない方がリスクも少ないです。
もし流す場合は、商品の説明をしっかりと確認したうえで、決められた方法で処理をしましょう。

食品を流さない

食品がつまりを引き起こす混入物になってしまうため、トイレで処理しないように気をつけましょう。
必ず生ゴミとして、ゴミ箱に処理をしましょう。
食品を流す習慣のある方は、処理方法を必ず変えましょう。

何も持ち込まない

うっかりトイレの中にものを落とさないように、トイレに何も持ち込まないと決めましょう。
とくに小さな子どもがいる家庭では、おもちゃを持ったままトイレにいくケースも多いです。

ものがあるだけで、リスクも増えるため、子どもにも持ち込まないような約束をしましょう。
何も持ち込まない、といったルールを守るだけで、混入物が原因でのつまりは確実に減らせます。

和式トイレのつまりがまったく直らない場合は専門業者に依頼しよう

和式トイレにおけるつまりは比較的簡単に直せます。

本記事の内容を参考にして、トラブルが起きても焦らずに対応していきましょう。
また、原因につながる行動もやめる気持ちが大切です。

どうしてもつまりが解消できない、頻繁につまりが起こる場合は、専門の業者に見てもらう必要があります。
なかなか直らないつまりを、無理やり解消しようとすると、症状がひどくなるケースもあるため、注意が必要です。

東京・神奈川・千葉のトイレのつまりや水漏れ修理は「たうん水道修理センター」にお任せください。
トイレの問題もスピード解決します。
出張・見積もりも無料で対応しているので、気軽にご相談ください。