便器を外してトイレつまりを解消する方法

トイレは日常生活に欠かせないものなので、トイレつまりのトラブルが起こると一大事です。
特に、固形物を落としてしまったことによるつまりであれば、便器を外して対処しなければならない場合もあります。

そこで今回は、異物を除去するために自力でトイレを取り外す方法を解説します。
「水道業者に頼む前に自力で修理できないかやってみたい」と思う方は参考にしてください。

トイレつまりで便器を外す必要があるケースとは

はじめにトイレつまりの症状のなかでも、便器の脱着が必要となる具体的なケースを紹介します。

1つ目が、トイレットペーパーの流しすぎや便が原因による重度のつまりです。
下水管の許容量を超えて大量の固形物を流すとトイレがつまってしまいます。

2つ目が、誤ってトイレにスマートフォンや眼鏡などの固形物を流してしまった場合です。

3つ目が、紙おむつやペットのトイレ砂によるつまりです。
誤って流してしまうことや、トイレに流せると勘違いして流すことなどがあります。

補足するとトイレに流せると謳う商品は確かにあります。
しかし、メーカーが定める使用方法に沿って流さなければトイレつまりの原因になってしまうので注意しましょう。

以上の3つのケースでは、ラバーカップで吸引するだけではつまりの原因が取り除けないことがあります。
その場合は、便器の脱着をしなければトイレつまりが解消できません。

便器を取り外す方法

ラバーカップを使ってもトイレつまりが解決しない場合は、便器を取り外してつまりの原因となっている異物を除去しなければなりません。
以下の道具を用意して、作業に取り掛かりましょう。

便器を取り外す際に必要な道具

  • モンキーレンチ
  • スパナ
  • ドライバー
  • 灯油ポンプ
  • バケツ
  • 雑巾

ここからは、便器を取り外す方法を2段階に分けて解説していきます。

ステップ①トイレタンクを取り外す

まずはトイレタンクの取り外しから始めます。

はじめにタンクを取り外すことになるので止水管を止めましょう。
次に、灯油ポンプとバケツを用意してタンク内の水を抜いていきます。

続いて、タンクのふたを外し、モンキーレンチを使って給水管もタンクから外します。
その際、タンク内のボールタップも一緒に回ってしまうことがあるので注意してください。

そして、タンクと便器を接続している「密結ロータンクボルト」を外します。

この後、タンクを安全な場所に移動するのですが、タンク内に水が残っている場合があるので注意してください。
雑巾でタンクから漏れる水をふき取りつつ、バスタオルや新聞を敷いたうえにタンクを置きましょう。

ステップ②便器を取り外す

トイレタンクの取り外しが終わったら、次はいよいよ便器の取り外しです。

まず、便器内の汚水を抜いていきましょう。
トイレタンクを取り外した際と同じく、灯油ポンプを利用するとよいでしょう。

汚水の処理が終わったら、次に便器を固定しているナットやねじを外していきます。
なお、もしナットやねじが腐食している場合は、強引に対応するとナットが破損する恐れがあります。
この場合は、無理をせずに作業を中止して専門業者に作業を依頼してください。

無事にナットやねじを取り外せたら、便器を外して横に寝かせましょう。
こうすると、便器の奥と下水管のなかの様子を見ることができます。

最後に、トイレつまりの原因となっている異物が確認できたら取り出しましょう。
針金ハンガーをフック状に変形させたものを利用すると上手く取れます。

以上でトイレの取り外し作業は完了です。
無事に異物が取り出せたら、これまでと逆の順序でトイレを取り付けましょう。

トイレがつまった際は無理のない範囲で便器を取り外してみよう

今回は、自力で便器の取り外しをする方法を解説しました。
時間をかければ自力でも対応できる作業ですので、必要に応じて試してみてください。

ただし、便器の取り外しはかなり手間がかかりますし、失敗をすると便器全体を交換するような大掛かりな工事が必要になることもあります。

「自力で取り外すのは難しそう……」と感じた方は、無理をせずに「たうん水道修理センター」にご相談ください。
24時間365日修理に対応、東京・神奈川を中心に最短30分で修理に伺います。