【川崎市川崎区修理事例】トイレのつまり

状態

川崎市川崎区のから、トイレがつまり、逆流をして床にこぼれてしまった、という相談が入りました。

トイレはトイレットペーパー以外のものを流すと、流れにくくなったり、つまりの原因となりますが、うっかり流してしまいトラブルになることもあります。

逆流をして水がこぼれるとトイレが使えなくなるので、早く専門の水道業者の修理をおすすめします。

原因

トイレがつまってしまった原因は、箱ティッシュを流してしまったことよるものでした。

箱ティッシュはトイレットペーパーと似ているため、トイレに流してしまうケースも多いですが、箱ティッシュは水に溶けませんので、つまりの原因となります。

詰まったことにより、水が逆流しあふれると、トイレが使えなくなったり異臭の原因となりますので、迅速に修理が必要となります。

修理方法

水に溶けない箱ティッシュがトイレの配管につまっているので、専用の工具であるローポンプを使い、上から大きな圧量をかけることによって、配管につまっている箱ティッシュを押し流しました。

原因となった箱ティッシュを取り除くことによって、トイレのつまりが解消でき、逆流がなくなり、使えるようになりました。

修理の時のポイント

つまりの解消のため、ローポンプを用いて作業を行いました。

作業の際に、大きな圧量をかけるために、作業を行う時には、便器の内側部分を傷付けないように細心の注意を払うよう心掛けました。

お客様の声

トイレの中に箱ティッシュを流してしまったことで、配管のつまりが発生して、水が逆流して、床に汚水があふれてしまい、大変困って「たうん水道修理センター」に修理をさせてもらいました。

すぐに来てもらって、専用工具を使ってつまりがなくなり、元通りにトイレが使えるようになったので、とても助かりました。

今後も何かあった時には「たうん水道修理センター」に依頼しようと思います。

担当からの一言

箱ティッシュをトイレに流したことで配管につまり、排水から汚水が逆流をしていたため、ローポンプを使って作業を行いました。

大きな圧量をかけるために、便器を傷つけないように注意を払いました。

つまりが解消できて、元通りになってよかったです。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA