【川崎市中原区修理事例】洗濯排水のつまり

状態

川崎市中原区で洗濯機の排水管がつまって逆流をした、という相談が入りました。

長年洗濯機を使っていることによって、衣類から出たゴミや毛玉が洗濯用の排水管に少しずつ溜まっていき、つまりの原因となってしまいます。

逆流をして、洗濯板から水があふれでると、床が水浸しになるため、いち早く専門の水道業者に相談をすることをおすすめします。

原因

洗濯機の排水管が詰まって、水が逆流してあふれてしまった原因は、衣類の毛玉がつまってしまったことよるものでした。

衣類についているごみや毛玉は、ひとつひとつはとても小さいものですが、長い間洗濯をしていることによって、毎回出た少しの毛玉などが、少しずつ蓄積されていき、結果的には排水管につまってしまいました。

逆流してしまうと、階下に漏水が起こる可能性もありますので、できるだけ迅速な対応を要します。

修理方法

洗濯機の排水溝は、洗濯板で見えない場所にあるため、洗濯機を移動させ、洗濯機下の排水トラップを外しました。

まず、排水溝周りにたまっていたゴミなどの清掃を行いました。

その後、電動トーラーを入れて先端のワイヤーを使ってつまっていた原因の毛玉をとりのぞき、つまりを解消させることができました。

修理の時のポイント

最初に排水管の汚れを取り除いた後に、電動トーラーを使って洗濯機の排水管のつまりを解消した後に、再度洗濯機を設置しなおし、洗濯機を空運転させることで、しっかり脱水できるか確認チェックを行いました。

お客様の声

洗濯機の下から水が逆流してきて、床が水でびしょびしょになってしまい、困ってしまい「たうん水道修理センター」に相談をさせてもらいました。

毛玉が原因だと知ってびっくりしましたが、すぐつまりが解消されて、とても安心しました。

洗濯機が使えなくなって困っていたので、丁寧に作業をしてもらい、つまりの確認もしてもらったので助かりました。

今後、何かあった時には「たうん水道修理センター」に依頼しようと思います。

担当からの一言

洗濯機の排水溝から水が逆流した原因である、貯まり溜まっていた毛玉を、電動トーラーで取り除く作業を行うことで、つまりを解消できました。

洗濯機がまたつまらないように、最後に洗濯機を稼働させて、水が流れるかチェックをしっかり行いました。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA