水漏れをテープで応急処置する方法は?水漏れトラブルの際に大切なこと

お風呂場, キッチン

生きていく上で必要な水。劣化や災害や他の原因で水漏れした際に、テープで応急処置ができる事を知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回の記事では実際にテープで応急処置をするやり方、さらに水漏れのテープの種類や、テープでは対処ができない水漏れのトラブル、そして水漏れトラブルの際に知っておいた方が良い事について詳しく解説します。

テープで応急処置するやり方について

水漏れが起きた際に、最終的には水道業者に頼むことが大事になってきますが、業者の休みと被ってしまったりすると対応してもらうのが遅くなります。だからこそ、水漏れが起きた時には出来る限り自分で応急処置をすることで被害を少なく済ませることもできるでしょう。

実際にどのような方法で応急処置をするのかというと、例として水道管(給水管)の場合は以下の流れとなります。

元栓や止水栓を閉める

ほとんどの家には給水管と排水管があります。給水管は自治体などから自宅に水を運んできてくれる配管として活動してくれている配管です。

給水管から水漏れすると、蛇口を閉めても水が漏れだしますので、増水しないようにまずは水の出所を止めましょう。

補修用のテープで補強

基本的にホームセンターなどで、さまざまな種類の配管補修用テープなどが売られています。難しく考えずにグルグルまきにして、何回もテープを巻き付ける事で水漏れの被害は少なく済むでしょう。

しかし要注意なのがテープにもさまざまな種類があるため、耐久性や強度は異なってきます。

そのため、テープで応急処置した後でも、水漏れがひどい場合には、バケツやタオルなどを給水管などの下に置いておきつつ、早めに修理業者に連絡しましょう。

水管の水漏れや目に見えない場所にある配管の水漏れの場合

排水管は蛇口を捻っていない場合は、水が漏れだしてくる事はほとんどありません。しかし、排水管の中が詰まっている事や排水管が劣化している場合、大量には漏れることはありませんが徐々に漏れてくる事もあります。
しかし配管の中の水がなくなれば水漏れは止まるので、方法としてはバケツを用意して水を出し切ってしまうか、上記に挙げた補修テープを使って水の流れを止めるという方法もあります。

目に見えないところの水漏れの場合は、対処する方法は元栓を閉めるくらいしかありません。特に床下や天井となると、補修テープでは対処できない事がほとんどです。

自力で対処は難しい上記のケースの場合は元栓を早く閉めて水を使うのをやめ、早めに業者を呼ぶべきです。

特に天井などが水漏れするとカビが生えてきたりして建物自体が腐ってきたりなど、水漏れ以外のトラブルが起きる事もあるので早い対応が大事になってきます。

水漏れの補修テープの種類について

水漏れの補修テープにも色んな種類があります。

・ゴム製で防水性が高く配管の水漏れに使えるテープ
・粘着剤が使用されているテープ
・排水管などの繋ぎ目に使えるテープ

テープによって使い方や注意点も様々です。テープを購入する時には、用途をしっかり確認してから買っておきましょう。

また購入後にも水漏れが起きた時のために、使い方も確認だけはしておくといざという時に安心です。

テープでは応急処置ができない水漏れ

テープでは応急処置ができない水漏れの例を挙げると、以下のようなものがあります。

エアコンからの水漏れ

エアコンからの水漏れのほとんどが送風口からの水漏れが多いです。

エアコンの内部の水分を逃がすホース(ドレンホース)がゴミなどでつまってくると、送風口から水漏れしてきます。対処法としては、ホースの中身が詰まっていないかなど確認してみてください。

テープで応急処置をする以外にも、ドレンホースを掃除して解決できる可能性もあります。

しかし、やり方がわからない場合は間違えて作業をしてしまって壊さないように修理業者に連絡した方が良いでしょう。

便器自体の破損

便器自体の破損となると、自分での応急処置事が難しいです。一応、外壁工事にも使われているものとして「隙間を埋める事や防水性を向上させる事が出来る物」が売っています。

しかし、あくまでも水漏れを起きる前の予防なので、便器自体の破損など手に負えない場合はすぐに修理業者に連絡した方が良いでしょう。

天井の水漏れ

天井の場合は、配管、もしくは屋根の破損などが原因のひとつとされています。また配管がどこにあるのかわかりづらいため、自力での水漏れの応急処置が困難です。

水漏れ自体の応急は難しいですが、被害を増やさないためにも、特に電子機器類に水がかかって漏電しないように、電子機器類は水漏れ箇所からどけておくか、ブレーカーは落としておくべきです。

水漏れが起きた場合に知って起きた方が良い事

水漏れは劣化、災害、何かの拍子になどいつ起きるかわかりません。

そのためにも水漏れを発見した時に、被害を拡大しないためにも下記の事は知っておくと焦らずに行動できる事や被害が拡大する事も防げます。

元栓や止水栓を閉める

止めない限り常に流れてくるので、さらに被害が大きくなるので止めてから原因となった場所を調べて、応急処置をしましょう。

修理業者に連絡する際にはちゃんと見積もりの内容を確認

修理費は勿論、遠い場合には出張費がかかります。電話で問い合わせた時に修理費がどれくらいかかるのかは、ある程度確認しておくと良いでしょう。

水漏れの修理が終わった後の対処も忘れない事

水漏れが酷かった場合、床が湿ったままになっていると害虫など発生したりするので、乾燥や除菌を専門にしている業者に連絡して対処してもらっておきましょう。

また災害の場合は保険に入っていれば、火災保険から保険金を出してもらえる場合もあります。保険の対象になる部分は保険の内容によって異なります。

まとめ

最近では水漏れで漏電による火災がおきたりなど、被害が大きくなるケースもあります。急な水漏れが起きても、焦ったりしないように応急処置が出来るテープを確保しておく事、そして応急処置が終わったらすぐに修理業者に連絡を忘れずに行動する事が大事です。

たうん水道修理センターでは水漏れは勿論、詰まりなどによるトラブルにも対応が可能です。さらに二次被害が起きない様に最短30分で駆け付けられるようにしております。

水回り関係のトラブルに悩んでいる方、すぐに解決してほしい方はぜひ一度、ご相談ください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索