トイレが逆流!適切な対応についてわかりやすく解説します

トイレに水を流した時、突如水が逆流した場合は、とても慌ててしまうのではないでしょうか。こういう時には少しでも冷静になって原因を突き止めましょう。本記事ではトイレの水が逆流する原因、およびそれに対応する方法について解説しています。

トイレの水が逆流する原因

トイレの水が逆流する原因は大きく分けて4つあるので、順番に紹介していきます。

トイレの便器内で詰まっている

便器にある排水路はS字状なので、物がひっかかりやすくなります。排水路に物がひっかかって詰まった場合は、トイレの水が逆流することがあるのです。

トイレが詰まる原因で一番多いのは、トイレットペーパーの流しすぎによるもの。トイレットペーパーは水溶性のため、少量の範囲なら詰まることはほぼありません。しかしそれを大量に流した場合は、水量が追い付かないために、溶けずに排水路に残ってしまいます。そのため、残存したものが原因でトイレが詰まり、水が逆流するということです。

その他の原因は、不溶性の紙類や固形物によるものです。これらは排水路のS字カーブの途中で物がひっかかりやすいため、トイレの詰まりの原因になります。ティッシュペーパーなどの不溶性の紙類を間違えて流してしまった場合は、トイレを詰まらせる結果になるので、不溶性の紙類を流さないように十分に注意をしてください。

排水管や排水口で詰まっている

排水管や排水口は便器の排水路の先にある下水の通り道で、外にある下水管までつながっています。トイレにつながる排水管は、最終的に1本の排水管に行きつきます。

排水管や排水口で詰まっている場合は、トイレだけでなく、キッチンや洗面所などの排水設備にも影響を及ぼすことがあるということです。排水管が詰まってしまうと、下水管まで流れるはずの水が逆流することになります。

排水ポンプが故障している

住宅によっては、排水ポンプを用いて排水をくみ上げているところがあります。郊外にある住宅や地下のトイレなどでは、外に排水するために、排水ポンプを使用しているということです。

万が一排水ポンプが故障している場合は排水できないので、下水がトイレに逆流することがあります。排水ポンプを使用している住宅に該当する方は、排水ポンプの故障により、トイレに逆流する可能性があることを認識してください。

大雨や土砂災害による影響がある

大雨や土砂災害の時は、下水管に大量の雨水や土砂が入り込むため、下水管からこれらの水がトイレに逆流することがあります。こういう時に下水を排水する場合は、これらの影響で逆流しやすくなりますので、十分に注意してください。

地震が起きた時にトイレの水が逆流する場合は、地震によって排水管が破損していることが考えられます。地震が起きた後は、トイレの水が逆流していないかどうか迅速に確かめてください。

逆流した時にすぐに行うべきこと

トイレの水が逆流した場合は、トイレおよび廊下が水浸しになる可能性が高くなります。そのトイレは使用できないので、止水栓を止めたり、ウォッシュレットの電源をオフにしたりしてください。

水が逆流してトイレなどが汚れた場合は、汚れをふき取ってください。トイレの周りに新聞紙やビニールシートなどで養生することで、次に逆流しても対応がしやすくなります。

便器が詰まっている時に取り得る対処法

便器が詰まっていることが分かっている時は、自分でも対処をすることが可能です。ただし、自分で対処できなかった時は、業者に依頼するようにしてください。ここでは、便器が詰まっている時の対処法を2つ紹介していきます。

便器にぬるま湯を流してみる

トイレットペーパーや排せつ物のようにぬるま湯で溶かしやすいものが詰まっている場合は、便器に45度ぐらいのぬるま湯を便器に流す方法があります。ぬるま湯を便器に流すことで、詰まっているトイレットペーパーや排せつ物を溶かし、詰まりを解消するということです。

最初に、便器内に残っている水を容器にくみ取ります。それから、ぬるま湯を入れた容器を便器の排出口にゆっくりと流します。水をくみ取る作業とぬるま湯を流す作業を何度か繰り返すことで、詰まりが解消してくるでしょう。

ただし、トイレは陶磁器で製造されているため、熱湯を流すとトイレが割れたりします。そのため、必ずぬるま湯にしてください。

異物をラバーカップで除去する

異物の混入によりトイレの水が逆流した時は、ラバーカップと呼ばれる掃除道具で異物を除去する方法があります。ラバーカップとは別名「すっぽん」と呼ばれている道具で、先端がお椀状になっています。ラバーカップは、洋式用と和式用で区別されているので、トイレのタイプに合ったものを使用しましょう。

最初に、便器内に残っている水を容器にくみ取ります。それから、ラバーカップで排水口を完全に覆ってからゆっくりと押していき、その後で一気に引き抜きます。これらのことを複数回試してみて、異物が取れれば成功です。

自分で対処できない場合は業者に依頼しよう

トイレの水が逆流した場合に、自分で対処できないケースがあります。たとえば排水管や排水口で詰まっている場合や、排水ポンプが故障している場合、各種災害の影響がある場合は、業者に修理を依頼するべきですね。

トイレの便器内で留まっていた詰りの原因物質が、排水管や排水口まで到達した場合は、自力で取ることが難しくなります。トイレが詰まっている際に、自分で対処できない場合も、同様に業者に修理を依頼しましょう。

業者に依頼することで、あらゆる原因のトイレの水の逆流を解決することが可能です。業者に依頼した場合は、スピーディーに作業を行い短時間で解決しますので、とても安心できるのではないでしょうか。

まとめ

この記事ではトイレが逆流する原因とそれに対応する方法について解説いたしました。トイレが詰まった時は、ぬるま湯やラバーカップをうまく活用することで、解決可能なことが多くなります。その他の原因の場合は、自分たちで対処することは限りなく難しいかもしれません。

トイレの水が逆流した際は、たうん水道修理センターまでご連絡ください。弊社はこういった事例を多く経験しているので、スピーディーな対応には自信を持っています。ぜひとも弊社に解決のお手伝いをさせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA