バケツを使ってトイレつまりを直す方法を紹介

トイレつまりを直す方法には、ラバーカップや薬剤を使う方法などさまざまなものがあります。
しかし、実は特別なものを用意しなくとも、ご自宅にあるバケツを使えば解決できる場合もあるのです。

そこで本記事では、バケツを使ってトイレつまりを直す手順を紹介します。
今まさにトイレがつまっていて対処法にお悩みの方はぜひご覧ください。

バケツを使って直せるトイレつまりの症状

バケツと水、もしくはお湯だけでもトイレつまりを直すことは可能ですが、どのような症状にも対応できるわけではありません。

水に溶けて、トイレに流しても問題のないものが原因でつまっている場合のみ、この方法が有効です。
具体的には、トイレットペーパーや排せつ物、そして吐しゃ物などがつまっている場合です。

固形物を落としてしまったことが原因でトイレがつまっているときには使えない方法のため、注意しましょう。

バケツを使ってトイレのつまりを解消する方法

上記で紹介したような症状であれば、コツを掴むことができればバケツを使って1時間半程度で解消できるでしょう。

ここからは、作業の手順を一つずつ解説していきます。

手順①便器の中の水を汲み出す

まずは事前の準備として、ポンプなどを使って便器の中の水を汲み出します。
この後にバケツを使い水を注ぐため、万が一つまりが解消されなかった場合に水が溢れてしまうことを防ぐためです。

目安としては、普段トイレがつまっていない状態のときよりもやや少ないぐらいの量になるまで水を汲むと安心でしょう。

手順②バケツを使って便器に水を注ぐ

準備が終わったらバケツに水を用意して、排水口に向かって水を注ぎます。

水が流れる勢いを利用してトイレにつまっている異物を取り除くため、排水口を狙って注ぐようにしましょう。

また、排水口から離れた高所から注ぐことで水の流れに勢いがつき、より異物を取り除きやすくなります。
ただし、あまり高い場所から注ぐと水が周囲に飛び跳ねてしまう場合もあるため、注意しながら作業しましょう。

手順③少量の水を流してつまりが解消できたか確認してみる

バケツから水を注いだら、「小」のほうにレバーを回して試しに少量の水を流してみましょう。
これで問題なく水が流れるのであれば、つまりが解消されたということです。

異物が少量かつ流れやすいものの場合は、これだけで解決できる場合もあります。
水が流れない場合は、つまりが解消されていないため、続いて紹介する④⑤の手順を試してみてください。

手順④効果がない場合:ぬるま湯を注ぐ

水だけで効果を感じられなかった場合は、40℃~50℃のぬるま湯を使います。
ここでぬるま湯を使う理由は、適度な温かさによって異物がふやけて流れる場合があるためです。

水を注いだときと同じく、排水口を狙って、やや高所から流すことを意識しましょう。
目安としては、便器の半分ぐらいの高さの水位まで注ぎます。

このとき注意したいのは、40℃~50℃のぬるま湯を使うということです。
トイレの便器は陶器でできており、陶器は熱に弱いため、熱湯を使うとひびが入ってしまうことがあります。
ひびが入ると便器ごと交換しなければならない可能性があり、費用や時間がかかってしまうため大変不便になってしまいます。

手順⑤1時間放置する

便器の半分ぐらいの位置までお湯を注いだら、1時間ほど放置していきます。。
これは、時間を置くことで少しずつ異物がふやけていくためです。

1時間経過したら、再度手順③の方法を試して、水が流れるかどうかを確認しましょう。

軽いつまりの症状であればバケツを使ってトイレに水を流すことで解決できる

以上、バケツを使ってトイレのつまりを解消する方法を紹介しました。

トイレに流しても問題ない、トイレットペーパーや排泄物が原因でトイレがつまっている場合は、バケツを使って水やお湯を流すだけでも解決できる場合があります。

なお、この方法を試してもなかなか問題が解決できないという場合には、ほかの方法を試したほうがよい可能性があります。
そのようなときはぜひ、「たうん水道修理センター」までご相談ください。
トイレつまりをはじめとするトイレのトラブルに24時間対応いたします。