トイレつまりを解消できる器具6選|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレつまりを解消できる器具6選

トイレがつまると焦ってしまいますが、症状によっては専用の器具を使って適切に措置をすれば自分で解決できる場合もあります。

そこで本記事では、トイレつまりを簡単に解消できる器具を、ご家庭で使用できるものと専門業者が使うものに分けてそれぞれ紹介します。
なかなかつまりが解消されなくてお困りの方や、万が一のときのために器具を揃えておきたい方の参考となれば幸いです。

トイレつまりを解消できる器具【家庭編】

家庭でも使えるトイレつまり専用の器具としてはラバーカップが有名ですが、ほかにもさまざまな器具があります。
ここからは、家庭でトイレつまりの解消に使えるラバーカップ以外の3つの器具を紹介します。

真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーとは、排水管に本体を吸い付けて真空状態を作り、トイレつまりの原因となっている異物を吸い上げることでつまりを解消できる道具です。
さまざまなサイズのものが発売されており、トイレだけでなくキッチンや洗面台などの排水溝のつまりの解消にも役立ちます。

基本的な仕組みはラバーカップと同じですが、ラバーカップよりも吸引力が強いため、比較的簡単につまりを解消できます。
また、ハンドルを動かせば簡単に操作できるため、本体を持ち上げる必要がないことから、水が飛び散りにくいというメリットがあります。

ただし、真空式パイプクリーナーで解決できるのは、トイレットペーパーや排泄物などのように、トイレに流しても問題のないものが原因のつまりです。

真空式パイプクリーナーは、おもちゃなどの固形物をトイレに落としてしまった場合など、トイレにそのまま流してはいけないものが原因でつまっている場合には向きません。
そのような場合は、この記事で後ほど紹介する針金ハンガーを使う方法で固形物を取り出すか、専門の業者に作業を依頼しましょう。

ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシは、トイレつまりの原因となっている異物を削って細かく砕くことでつまりを解消できる器具です。
その名のとおり針金(ワイヤー)の先端にブラシがついています。

本体が細く長いワイヤーでできていることから、トイレの奥までブラシを突っ込んで扱うことができます。
さまざまな長さのものが販売されていますが、ご家庭のトイレであれば5mほどの長さで十分です。

ワイヤーブラシの場合も、対処できるのはトイレットペーパーなど流しても問題ないものが原因によるつまりです。

針金ハンガー

上記で紹介したような道具がない場合や、つまりの原因となっている固形物を流さずに取り出したい場合には、実は針金ハンガーが活躍します。

まず、針金ハンガーをほどいて一本の針金のような形にしましょう。
そのあと、先端を小さな輪の形にしてトイレの奥に突っ込むことで、ワイヤーブラシのように使うことができます。

また、先端をフックのような形にすれば、トイレの中に落ちてしまった異物をひっかけて取り出すことも可能です。

トイレつまりを解消できる器具【専門業者編】

上記で紹介した方法でトイレのつまりが解消できなかった場合や、できるだけ早く対処したい場合は業者に作業を依頼しましょう。
ここでは、業者がトイレつまりの対処の際に使う道具を紹介します。

ローポンプ

ローポンプとは、上記で紹介した真空式パイプクリーナーと基本的には同じ仕組みで、さらに吸引力が高い器具です。
筒状の本体に、押し引きをするためのハンドルがついています。

真空式パイプクリーナーと同様に、固形物以外のトイレに流しても問題ない異物がつまっている場合に効果を発揮します。

高圧洗浄機

高圧洗浄機とは、強い勢いで水を噴射することでその圧力を利用し、汚れを落とすことのできる器具です。
トイレつまりの解消ではなく、建物の外壁の洗浄や洗車の際に使っている場面を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

高圧洗浄機を使ってトイレつまりを対処する際は、便器の奥までホースを入れて、水を噴射させることでつまりの原因となっている異物を排水路の奥まで吹き飛ばします。
そのため、やはりトイレに流しても問題のないものが原因の場合のみ有効な方法です。

トーラー

最後に紹介するトーラーは、いわば業務用のワイヤーブラシです。
基本的な仕組みは家庭用のワイヤーブラシと同じですが、大きく違うのは電動で激しく動かすことができるという点です。
また、先端の部品にもさまざまな種類があり、ブラシ状のものだけでなく、ばね状になっている金属製のものやドリル状のものなどがあります。

つまりの原因となっている異物の状態などによって部品を使い分けることで、さまざまな状態のトイレつまりに対処できます。

家庭用の器具でトイレつまりが解消できない場合は業者に連絡を

いかがでしたか?
トイレつまりの解消に使える器具を紹介しました。

ご家庭でも簡単に扱える器具としては、真空式パイプクリーナーやワイヤーブラシがあります。
器具が用意できない場合などには針金ハンガーを使って対処することも可能です。

ただし、家庭用の器具は業務用に比べるとパワーが劣る傾向にあり、つまりの状態によっては器具を使ってもなかなか解消できないこともあります。
そのような場合は無理やり解決しようとせず、専門業者に相談しましょう。

「たうん水道修理センター」では、東京・神奈川全域のトイレのトラブルに対処可能です。
トイレつまりでお悩みの際はすぐにご相談ください。