超簡単!トイレつまりを直す5つの道具とその使い方

トイレ

こんにちは、たうん水道修理センターです。

トイレつまりに使う道具はトイレの形状もいっぱい有るように道具もいっぱいあります。

一般の人でも使えるつまりの解消道具には、以下のような物があります。

  • 家庭用ハンガー
  • ラバーカップ
  • トイレブラシ
  • お酢と重曹
  • 手袋と雑巾

それでは、それぞれの道具の使い方を解説していきたいと思います。

家庭用のハンガーの使い方

ハンガー

まずは柔らかめの昔からある針金のハンガーとニッパーかペンチを用意して下さい。(色がついててもいいです)

ハンガーを掛けるフックの付け根をペンチで切ってください。そうすると1本の針金になります。

トイレの便器(吸い込まれていく穴)に作った針金をどんどん差し込んで下さい。

その時に大事なことは、便器にバケツで水を流して水位を上げてから針金を差し込む事です。

どうして水を便器に貯めた方が良いのかと言いますと、作った針金を差し込んだとき原因となる異物に引っかかってくれれば、水位が下がりますので解りやすい為なのです。

もう一点あります。

水が便器に溜まっていることによって水の重み(重力)が発生してるので、つまり解消の補助的な役割にも繋がります。

そして針金が便器の穴の奥の詰まりの原因に到達したとき水面が音を立てて動いているのが解ります。

そうなりましたら一気にクルクル針金を回してうねらせてください。

針金のうねらせ方は、(針金を持っている手で手首のスナップをきかせながら)

その後一気に水が音を立てて引いていきます。

たうん水道修理センターもこの方法で直した事があります。これで直らない場合はトイレつまりが床下のパイプで詰まっている可能性があるので ひどくなる前に水道屋さんに頼みましょう。

何故ひどくなるのか

つまりが残っている状態でも便器の水位が下がります。

直ったと勘違いして再度水を流した時、奥でつまっている汚物の上にさらに被さって余計につまるからです。

ラバーカップの使い方

ラバーカップ

ラバーカップと言うのはご存じでしょうか?

通称スッポンと言われているつまりの解消道具です。

お客様から引っ張ればいいんでしょう?

とよく聞かれますがその通りです。

但しそれだけでは不十分ですので、まず便器の中に水を半分位バケツで注いで下さい。

そしてスッポンを便器の穴の中に隙間なく納めて下さい。

そうすることによって便器の穴の奥の配管が真空状態になるのです。

そしてスッポンのゴムを便器の穴から離さないようにしながら心臓マッサージの容量で押したり引いたりしてください。

そうすると、音を立てて便器に貯まっている汚水が引いてくのが解ります。

そうなったらもう安心です。トイレのレバーを使って確認のために流してみて下さい。

お湯の使い方

お湯

まずはバケツと灯油を入れる手動式のポンプを用意して下さい。

便器に貯まっている汚水をバケツに移します。

そして便器に汚水が無くなったらバケツに50℃位のお湯を貯めて便器の穴めがけて一気に流し込みます。

お湯を貯めて使う理由

汚物ないしトイレットペーパーかふやけて分解しやすくさせるためです。

10分位置いてまたポンプで水抜きしてください。

そしてまた50℃のお湯を注いで同じことをひたすら、

注いだお湯が便器の中で茶色く濁らなくなるまで(紙の場合は白い細かいペーパーが出なくなるまで)やっていただくと、その内にお湯を入れた瞬間に音を立てて、便器の水位が一気に引くと思います。

そうなりましたら固まっていたペーパーや汚物が溶けて流れた証拠なので確認のためにトイレレバーで流してみて下さい。

それで滞りなく流れればつまりが解消されたと言う事です。

トイレブラシの使い方

トイレブラシ

これはトイレつまり解消の必殺技と言える解消方法です。

何故なら大体のお家のトイレにはトイレ掃除に使うブラシが置いてあるからです。

出来たら先端がスポンジタイプのトイレブラシがいいですね。

スポンジタイプの方が良い理由

スポンジタイプの方が便器の穴との隙間が少なくすみ

水を多く穴の奥に送り込め、出来るだけ真空状態にしたいためです。

使用方法は一気にブラシの先端を便器の穴めがけて水を押し込むように上下運動を繰り返して下さい。

何回も繰り返す事によって便器の汚水が音を立てて一気に引いていきます。

後は確認のためにトイレのレバーで流してみて下さい。

お酢と重曹の使い方

重曹

お酢と重曹を混ぜるのが良いと言うのは、水分に混ざるとお互い科学反応を起こし、つまりの原因となる汚物やペーパーが崩れてくれるからです。

ではまず重曹をカップの半分くらい、酢を120ml位用意します。

便器の中の水を灯油のポンプで抜いてから薬を入れて下さい。

更にお湯を(50℃)位を薬入れた後に便器にバケツで注いで下さい。

水でも良いですが例えば洗濯機でもお湯の方が汚れが落ちやすいという事がありますので汚れやつまりの原因が、分解しやすいのでお湯は有効なんです。

お湯は簡単な方法としては、バスルームで給湯器のリモコンで50℃に設定してバケツに貯めるのが、一番早いと思います。

お湯を便器に流し込んだら3時間位様子見て下さい、段々泡立ってきて分解されていきます。

水位が落ちていれば一度確認のために、トイレのレバーで流して見て下さい。

音を立てて流れてれば詰まりは解消されています。

手袋と雑巾の使い方

手袋と雑巾

ではまず上の画像のようなゴム手袋を付けて下さい。

雑巾を握り締めて便器の穴めがけて水を押しいれるようなイメージで、何回も何回も押し込んでください。

その時の注意点について、間違って雑巾を便器の穴に吸い込ませないでください。

余計につまりが悪化してしまいます。

この方法でたうん水道修理センターも試したことがあります。

有効な方法なので是非試して下さい。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索