お湯はトイレつまり解消に効果あり?お湯の温度や手順をチェック|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

お湯はトイレつまり解消に効果あり?お湯の温度や手順をチェック

トイレは日々の汚れの蓄積や異物が流入することにより、つまりやすくなります。
トイレがつまると水が流れなくなったり、水が漏れ出したりと、トイレにはトラブルがつきものです。

そこで本記事では、トイレつまりをお湯で簡単に解消する方法について紹介します。
急なトイレつまりでお困りの方、万が一のために対処法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

トイレつまりはお湯で取れる?

インターネット上では、様々なトイレつまりの解消法が出回っています。
その中でも、家でトイレがつまった時の応急処置としてお湯が用いられるパターンがあります。

実際のところ、お湯はトイレつまりを緩和させる効果が高いです。
便器の奥でつまっているティッシュペーパーやトイレットペーパーは、お湯に浸してふやかすことで、溶けやすくなると考えられます。

薬剤や専用の道具を必要としないため、手軽で安全に試せる方法ですが、つまっているものふやかすためには一定の時間待たなくてはならず、即効性がありません。

熱湯はだめ?

トイレつまりを解消するために使うお湯は、40〜60度ほどの温度を保ちましょう。
触った時にお風呂のお湯よりもやや熱い程度が目安です。

トイレは陶器でできているため熱に弱く、沸騰するくらい熱いとヒビが入る恐れや、排水管を傷つける恐れがあります。
反対に40度以下のぬるま湯では温度が足りず、つまった物質が溶けにくいです。

流すお湯の温度は慎重に調整しましょう。

どんなトイレつまりならお湯で流せる?

トイレつまりはお湯で流せる確率が高いですが、その効果はトイレつまりの原因に左右されます。
トイレットペーパーや排泄物など、水に溶ける物質を大量に流したことが原因であれば問題ありません。

しかし、スマートフォンやボールペンなどの固形物・水に溶けないティッシュペーパーやオムツなどの異物が挟まっている場合は、つまりを悪化させるリスクがあるため、慎重に取り除く必要があります。

トイレが急につまって原因が分からない時は、無理に自力で直そうとするのではなく、専門の業者に相談しましょう。

トイレつまりをお湯で治す方法

では実際に、トイレつまりをお湯で解消するための道具や手順を見ていきましょう。

揃えるもの

揃えるものは自宅でも簡単に手に入る以下のものです。

トイレつまりを解消するために揃えるもの

  • ・40〜60度ほどのお湯
  • ・バケツ
  • ・ゴム手袋
  • ・新聞紙やビニールシート
  • ・マイナスドライバー

準備

お湯を利用してトイレつまりを解消する前に、止水栓が閉まっているか・温水洗浄便座の電源を切ったかを確認します。
止水栓とは水の流れを調整する装置のことで、トイレタンクから伸びる給水ホースを辿ると見つけられます。

蛇口タイプ以外は、マイナスドライバーを用いて栓を閉めましょう。
また、作業では水を取り扱うため、電源を切って感電や故障などのトラブルを防ぎます。
さらに、新たに水を流すことで水が飛び散る可能性があるため、床や壁は新聞紙やビニールシートで覆いましょう。
また、便器には無数の雑菌が潜んでいるため、必ずゴム手袋を装着してから作業してください。

手順

トイレがつまっている際は、通常に比べて便器内の水位が高くなっている傾向があります。
水が溜まったままではお湯の効果も薄れてしまい、水が溢れ出てしまうため、便器内の水はバケツを用いて汲み出しましょう。

次に、バケツを使ってお湯をゆっくりと便器に流し入れます。
30分〜1時間程度放置し、異物がふやけるのを待ちましょう。
作業前よりも水位が下がっていれば、つまりが解消されたと思われます。
変わらない場合は再び便器内の水を汲み出し、お湯を入れて放置する作業を繰り返します。

原因によってはトイレつまりはお湯で直せる

いかがでしたでしょうか。
今回は、トイレつまりをお湯で直せるケースと直せないケースや実際の注意点や手順を解説しました。
水に溶けるものがトイレに蓄積してしまった場合、お湯と身近にある道具で直せる可能性があります。
反対に固形物や水に溶けない物質がつまっている場合は、あまり効果は見込めないでしょう。

トイレつまりを自力で解消するのが難しい時は、「たうん水道修理センター」へお気軽にお問い合わせください。