ウェットティッシュが原因?トイレつまりを解消させる方法と注意点

トイレは誤った使い方をすると、思わぬトラブルを引き起こします。
例えば、ウェットティッシュをトイレで無理矢理流した場合、配管のつまりや水漏れ・故障を招きかねません。

そこで本記事では、ウェットティッシュでトイレがつまる原因や仕組みを説明し、実際にトイレつまりが発生した際の対処法や注意点を解説します。
トイレの不調にお悩みの方、誤ってウェットティッシュを流してしまった方は、ぜひ参考にしてください。

ウェットティッシュでトイレがつまる原因

トイレには流せるものと流せないものが存在します。
トイレットペーパーや排泄物は、トイレに流しても問題ありません。

しかし、ティッシュペーパーやキッチンペーパー・オムツや生理用品・食べ残しや固形物はトイレをつまらせる恐れがあるため、流してはいけません。
ウェットティッシュも、流せるタイプであったとしてもトイレつまりの原因となり得ます。

ウェットティッシュでトイレがつまる原因は、水に溶けにくい素材であるためです。
トイレットペーパーは繊維の短い広針樹のパルプでできており、水に浸かると繊維同士がほぐれやすいようにでんぷんが含まれています。
一方で、多くのウェットティッシュに使用されている不織布は、繊維を織らずに重ね合わせ、接着剤や熱で結合させているため、水の中でもほぐれにくいです。
ウェットティッシュをトイレに流した場合はシートの形状のまま残るため、便器の中や配管に引っ掛かりやすくなってしまいます。

ウェットティッシュでトイレがつまった時の対処法

では、ウェットティッシュが原因でトイレがつまってしまった場合、どのように対処すべきでしょうか。家庭でもできる応急処置を見ていきましょう。

割り箸で拾う

まだ便器の排水口手前にウェットティッシュが見える場合、自力で取り出せるかもしれません。無理に水で押し流そうとするのではなく、割り箸やトングなどを用いて拾ってみましょう。

お湯でふかす

トイレに流せるタイプのウェットティッシュがつまった場合、お湯によって溶かせるケースがあります。
トイレつまりによって便器内の水位が高い場合は、バケツやポンプで水を汲み出します。
40〜50度ほどのお湯を便器に注ぎ、1時間程度放置しましょう。
ウェットティッシュが溶けてつまりが解消されれば、水位が下がります。
水をゆっくりと流し、つまりが解消されているか確認してみてください。

ラバーカップで押し流す

どうしてもつまりが解消されない場合は、ラバーカップ(スッポン)を使う方法もあります。
ラバーカップが便器内の水に浸かる状態で、排水口に密着させます。
小刻みに真っ直ぐと押し引きを繰り返すことで、つまったウェットティッシュが引き出されるかもしれません。

トイレを直す際の注意点

トイレのつまりを自力で解消する際は、以下の点に注意しましょう。

衛生面に気をつける

便器には無数の雑菌が生息しています。
トイレ周りや便器に触れる際は、必ずゴム手袋をしてください。
また、ラバーカップを使うと便器内の水が周囲に飛び散る可能性が高いため、床や近くの壁を新聞紙やビニールシートなどでカバーするのがおすすめです。

無理に直そうとしない

トイレつまりの状態によっては、誤った行動でつまりを悪化させてしまうかもしれません。
原因不明のときや自信がないときは無理に直そうとせず、専門の業者に相談しましょう。

トイレには流せるものだけ流しましょう。

いかがでしたでしょうか。
今回はウェットティッシュによるトイレつまりの原因と解消法を紹介しました。
応急処置をしてもつまりが直らない場合は、「たうん水道修理センター」へご相談ください。