トイレの寿命はいつ?寿命を判断するポイントや修理代金など詳しく解説

トイレ

どんな物にも寿命というものが存在します。しかし、毎日当たり前に使っているトイレの寿命はいつぐらいなのか、詳しく知る方は少ないのではないでしょうか。今回の記事では、トイレの寿命を判断するポイントや修理代金の相場、トイレを交換した場合のメリットについて詳しく解説します。

トイレの寿命はどれぐらい?

トイレ本体の耐久性は、便器自体の破損がなければ100年ぐらい使用する事が可能です。

しかしトイレ内部および外部に使用される部品はそんなに長くは持ちません。例えばパッキンタンク内なら約10年、配管系は約20年程度で寿命を迎えます。(古い和式のトイレの場合、もっと短い場合もあります)

トイレのトラブルが多数起きる、トイレが使いづらいなど不便に感じる回数が増えている場合は、トイレの寿命が近づいている証拠です。

寿命を判断するポイントについて

具体的に、どんな不具合が出たら寿命が近づいているのでしょうか。確認するポイントとしては以下のようなものとなります。

水漏れ

パッキンなどが古くなるにつれ割れやすくなり、小さいひび割れが起きる事もあります。また一度入ったひびは徐々に大きくなってくるので、判断するポイントとして考えておく必要があります。

水の流れがよくない

用を足した後などの水の流れが悪いなど、水の流れがよくないと感じるなら配管が劣化している可能性が高いです。

トイレの詰まりが頻繁に起こる

配管やタンクの不調により、何度もトイレの詰まりを直す事が1日に何度も起きる場合はトイレも寿命が近づいてきています。

悪臭がする、トイレが黄ばんできている

綺麗に掃除していても、長年使っていく内に取れきれていない汚れから悪臭がでる事があり、更にトイレの奥の方が黄ばむ事があります。

便器内部の汚れが貯まっている

排水管まで掃除してくれる商品が現在売られていますが、実際に細部まで綺麗に掃除してくれるかは目視で確認する事はできません。そのため除去できてない汚れが蓄積している可能性があります。

本人または家族が不便と感じた時

上記に挙げた内容はほとんどが物理的な問題ですが、実際に使っている人間が不便だと感じた時点で、そのトイレは見た目として故障していなくても修理してもらう、交換してもらう時といえます。

トイレの修理代金はどれくらい?

トイレの個々のトラブルによる修理代金として以下が挙げられます。

・トイレの詰まりは1万円から2万前後
・パッキン交換なら8000円前後
・便器自体の取り外しになると2万以上

個々に修理してもらうとこれくらいの金額がかかります。人によってはトイレを最新式に変えてしまう人もいますが、ほぼリフォームに近いのでさらに高くつきます。

修理業者を選ぶポイント

修理業者も調べるとたくさんありますが、良い修理業者を選ぶポイントとして以下のようなことが挙げられます。

・地域密着型
地域で長く営業しているお店の方が、トラブルが起きた際にもすぐに駆け付けてくれます。また地域密着型で長く営業している所だと、対応も良い事が多いので業者を選ぶ際の安心材料にもなります。

また水漏れなどは放っておくと、床などが水浸しになる等、さらに被害が大きくなるので出来る限り早めに来てもらえる方に頼むと良いでしょう。

・疑問にちゃんと丁寧に答えてくれる
修理を行う際にも専門用語で話を進めず、相手にわかりやすく丁寧に教えてくれる業者であることも大事なポイントです。

お客様の疑問や質問も聞かずに早く修理を促そうとする業者は気を付けた方が良いでしょう。

新しいトイレに交換する場合のメリットについて

上記にあげた通り、リフォームに近いため実際に和式から洋式なら15万前後、温水洗浄便座に交換なら10万前後、タンクレストイレなら最低12万から18万、人気が高いトイレなら50万前後になる場合が多いです。さらにトイレを交換する時には工事費もかかるので基本的に値段が高くなります。

しかし新しいトイレに交換する事でいくつかメリットがあります。

・さまざまな機能がついている
最新式にトイレには自動洗浄機能や脱臭機能など最新機能がついているので、トイレの掃除も楽になります。

・頻繁に掃除しなくてよい
昔の和式などのトイレは長い間使っていると汚れが溜まったり、黄ばんだりすることが多々ありました。

しかし最近の有名な会社のトイレの場合、便器自体の黄ばみを抑える素材を使っている事が多く、掃除せずに水を流すだけで大丈夫というトイレが販売されています。各メーカーで様々な工夫をされているので掃除が楽です。

・リフォームで助成金が出る場合がある
どの自治体でも出るとは言えませんが、耐震や防災などの理由でのトイレのリフォームを行う場合には助成金が出る場合があります。助成金がでる条件は自治体によって異なるため、リフォームをする際には自治体に確認しておくと良いでしょう。

ここまでメリットを上げましたが、災害などでトイレが破損したなどの大きなトラブルでなければ、実際に修理を頼んでみた際に交換までせずに修理で問題なく使えるようになることも多くなっています。メンテナンスを月1でも良いので頼んでおくと、トイレの寿命は延びる事もあります。

他にも放置して置いたら直るケースやスッポンだけでなんとかなるなど、トイレの調子が悪いなと思ったらすぐにリフォーム!とまで考えなくても一度修理業者に相談してみる事をオススメします。

まとめ

最近のトイレ自体の寿命は基本的に長いです。大きなトラブルがなければ長く使えます。

ただ、トイレの寿命に挙げてきた水漏れなどに関しては、すぐに直さないといけないトラブルに関しては悩まずに修理業者に即座に連絡するべきです。

たうん水道修理センターでは水回りの大体のトラブルに対応しております。さまざまなサービスを低価格で提供しており、またちゃんと作業をする前に正確かつ明瞭な点検と見積もりを出し、お客様に納得してもらってから作業を行う為、追加料金が発生する事もありません。

また地域密着型ならではのサービスとして、現場に30分で到着出来る点や月間で100件以上のトラブルの対応実績もあるので、経験豊富な技術者が迅速にトラブルを解決いたします。

水回り関連やトイレに関するトラブルで悩んでいる方はぜひ一度相談だけでも、お気軽にお問い合わせくださいませ。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索