蛇口の基本を学ぼう!全部で何種類?自分で交換できる?

キッチン, 洗面所

皆さんは自宅の蛇口がどのような種類のものかご存じでしょうか?ひとくちに蛇口といっても、家の作りや用途、使用場所によりさまざまなタイプが存在します。もし水漏れや詰まりなどのトラブルが起きた際に自宅の蛇口の特徴を把握していれば、業者へ指示する際にも、自身で対応する際にも焦らずに的確な判断ができるでしょう。日常生活や緊急時にも役立つ、蛇口についての基本的な知識を身に付けておきましょう。

蛇口の種類

家庭用の蛇口は主に「キッチン用」「洗面用」「浴室用」の三種類に分けられることが多いです。それに加えて、デッキや天板に取り付けられている「台取付け」タイプと、壁面に取り付けられている「壁取付け」のタイプに分類されます。これを機にご自宅の蛇口がどのように取り付けられているか確認してみてください。

キッチン用

台所の蛇口の台取付けタイプは取付け穴の個数により二種類に分類されます。

・ワンホールタイプ…取付穴のサイズは通常33mm~39mmです。
・ツーホールタイプ…取付穴が2つあり、穴と穴の距離(取付ピッチ)はメーカー共通の規格で、203mmです。

また、壁取付けタイプは水とお湯の給水管の距離は105mm~225mmが通常です。取付穴のサイズが一致すれば、どのメーカーのものでも取り替えが可能ですので、交換の際には必ず確認してみてください。

洗面用

洗面用にもデッキに付いている「台取付け」のタイプと、壁面に付いている「壁取付け」のタイプがあります。台取付けには、ポップアップ式とワンプッシュ式があります。この二つの違いは、排水栓の開閉方法です。

ポップアップ式は後ろのポップアップ棒を押すと開き、引くと閉じる仕組みです。ワンプッシュ式は、ポップアップ棒を一度押すと開き、もう一度同じように押すと閉じる仕組みのものをいいます。交換の際にポップアップ式→ワンプッシュ式への変更や、その逆も不可の場合がありますので、どちらのタイプか確認しておくと良いでしょう。

また、コンビネーション(混合)タイプと呼ばれる形のものもあります。こちらは、吐水口と本体が離れているタイプのことで、こちらも同タイプとしか交換が出来ませんので注意が必要です。

洗面用の蛇口を選ぶ際には、洗面ボウルとの形の相性も考えましょう。洗面ボウルの縁までの距離や形を考えて、なるべく中央付近に水が落ちるようにすると外ハネが防げるはずです。

浴室用

浴室用にも壁付きのタイプと台(浴槽の縁)取付けのタイプがあります。お湯と水の二つの給水管が並んでいる場合は、間の距離が105mm~225mmであれば、全ての蛇口での交換が可能です。台取付けのタイプの場合は、2本の配管の中心までの距離が①85mm②100mm~102mm③120mmの3種類がありますので、取り替えの際はご注意ください。

また浴室の場合は、現在は温度調節がしやすい「サーモスタット水栓」が主流です。

「サーモスタット水栓」とは、レバーに温度のメモリが付いたタイプの水栓です。温度を調節することで、水とお湯が混ざった状態で出てくるのが大きな特徴です。また「ハンドル水栓」とは、水とお湯それぞれのハンドルがあり、二つの蛇口を手動で扱い温度調節をするタイプのことをいいます。

浴室用を選ぶ際には浴槽までの距離も測り、排水口が浴槽に届かないことのないように注意してください。またシャワーとの兼ね合いや、水からお湯に変わるまでの時間、節水機能なども検討して、自分の生活に適した機能を選んでみてください。

交換のタイミング

それでは、蛇口を交換するタイミングはいつなのでしょうか?基本的に蛇口の耐用年数は10年と考えられています。10年以上の長い年数を使い続けていると、部品交換や修理での対応は困難となるため、10年を目安にまるごと交換することをおすすめします。

また、水漏れなどのトラブルが発生した際も早めに対策をしましょう。日常生活に異常をきたすような大きなトラブルを回避するためにも、日頃から錆や、レバーの動きを気にするようにしておきましょう。

交換方法

蛇口は専門業者でないと取り替えができないと思っている方も多いかもしれません。しかし、きちんと注意点をおさえていれば家庭のDIYでも交換が可能です。今回は自身で取り替える手順と、専門業者に交換を依頼する場合と、両方の手順を確認してみましょう。

自分で取り替える

家庭内で蛇口の交換を行う場合は、まず作業前の確認が一番大切です。水漏れなどの故障が原因であれば、その症状の箇所の把握や、交換の判断が適切かどうか(パッキンのみの交換や、部品のゆるみを直すだけで済む場合もあります)も確認が必要です。

交換用の新しい水栓はホームセンターやネットでも手軽に購入することができます。ただし、自身で購入・交換を行う際は現在の水栓と同じタイプのものを選びましょう。上記で確認したような、壁取付けor台取付け、ワンホールorツーホールなどのタイプが違う場合は、交換に専門の道具を必要としたり、取付不可の場合があったりします。ホームセンターなどで購入する際は、店の方に確認をしてから購入するのが無難です。

大まかな交換手順は下記になります。

①元栓(止水栓)を止める。
②古い蛇口を取り外す。(この際にナットをゆるめる工具が必要となります)
③新しい蛇口を取り付ける。
④きちんと水が出るか、水漏れがないかなどを確認する。

ナットを回す際に必要なモンキーレンチや、ドライバー、水漏れ防止のためシールテープなど、必要な道具はいくつかあります。事前に自分の交換するものの種類を調べてから道具を揃えましょう。また、作業の手順が細かく書いてある説明書や動画もありますので、DIYをする際の参考にしてみてください。

ただし、それらを見て難しいと感じた場合や、途中でわからなくなってしまった場合は、焦らず速やかに業者へ連絡するようにしましょう。

専門業者に依頼する

故障や異常を感じた場合、まずは住宅会社や管理会社に連絡をするのが一番です。しかし保証自体がなかったり緊急性を要したりする場合は、ご自身で修理業者を探して連絡するのも良いでしょう。修理はメーカーか水道業者が行うことが多いです。

ただし、メーカーは自社製品が点検範囲なので、もし異常の原因が配管やそれ以外だった場合は解決ができませんので注意してください。水道業者は基本的にはすべての原因を網羅しているので、そういった心配はありません。

業者によって料金設定や対応時間が大幅に違いますので、ホームページやチラシなどの内容をよく確認してから依頼をするようにしましょう。事前に見積りを依頼して納得のいく業者を選ぶのも良いでしょう。

まとめ

毎日使う水道管や蛇口ですが、意外と知らないことの方が多いものです。しかし、水漏れや詰まりはいつ起こるかわかりません。専門的とまではいかないまでも、基本的な情報を把握しておいて損はありません。異常やトラブルがあった際に落ち着いて対応が出来るように、一度ご自宅の蛇口の種類や状態を確認してみてはいかがでしょうか?

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索