トイレの水が勝手に流れる5つの原因と2つの対処法|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレの水が勝手に流れる5つの原因と2つの対処法

トイレの水が勝手に流れてしまい、お困りではありませんか?
自分以外に誰もいないはずの家の中で、トイレの水が流れる音が聞こえると、誰かが潜んでいるのではないかと不安になってしまいますよね。

本記事では、トイレの水が勝手に流れる原因と対処法について紹介します。
ぜひこの記事を参考にして、トイレに異常が無いかチェックしてみましょう。

トイレの水が勝手に流れる5つの原因

トイレの水が勝手に流れる原因を5つ紹介します。

  1. ボールタップや浮き球の異常
  2. ゴムフロートの破損
  3. チェーンの異常
  4. 自動洗浄機能(オート洗浄)の故障
  5. 侵入者

上記5つのうち4つはトイレの不具合が原因です。
もしも誰かがいる気配があったら、ひとりで確認せずに、警察に来てもらいましょう。

トイレの水が勝手に流れるときの2つの対処法

トイレの水が勝手に流れるときの対処法を2つ紹介します。

  1. ボールタップや浮き球の交換
  2. ゴムフロートとチェーンの交換

取り換え手順についても詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

対処法①ボールタップや浮き球の交換

トイレタンク内にあるボールタップは、止水栓からの給水を調整している大切な部品です。
ボールタップにつながる浮き球はタンク内の水位とともに上下し、タンク内の水量を調整しています。

浮き球・ボールタップに問題があるときは、ホームセンターなどで新しいものを購入して自分で取り換えられます。
取り換えの手順は下記の通りです。

  1. 止水栓を閉める
  2. タンクのフタを外す
  3. レバーを回して水を抜く
  4. モンキーレンチを使ってナットを外す
  5. 古いボールタップを取り外す
  6. 新しいボールタップを取り付ける
  7. 止水栓を開いて標準水位で止まるか確認する
  8. 問題が無ければタンクのフタを戻して取り換え完了

自分で取り換え可能なボールタップですが、不安であれば業者に依頼しましょう。

対処法②ゴムフロートとチェーンの交換

ゴムフロートは便器内への排水を調節する大切な部品です。
ゴムフロートはチェーンでレバーにつながっていて、レバーを回すと連動して持ち上げられる仕組みになっています。

経年劣化によりゴムフロートが縮んだり、チェーンがちぎれてしまったりした際は、取り換えが必要になります。
ゴムフロートとチェーンはセット販売が多いので、どちらかに問題が生じたのであれば両方とも取り換えると良いでしょう。

ゴムフロートの取り換え方法は下記の通りです。

  1. 止水栓を閉める
  2. タンクのフタを外す
  3. レバーを回して水を抜く
  4. 劣化したゴムフロートとチェーンを外す
  5. 新しいゴムフロートに取り換える
  6. 止水栓を開いて水を流す
  7. 問題が無ければタンクのフタを戻して取り換え完了

リモコン操作で便器洗浄するタイプや自動洗浄機能が付いたものは、自分での修理はおすすめできません。
最新式のタンクレストイレやウォシュレット付きトイレも同様です。

電子部品が使われているトイレは電気配線があるため、知識が無いまま修理しようとするのは大変危険です。
最悪の場合、感電してしまいます。

上記のようなトイレをお使いの方は、水道修理業者ではなく、製造しているメーカーのお客様相談窓口などへ連絡しましょう。

トイレの水が勝手に流れるときは早めの対処を!

いかがでしたでしょうか。

トイレの水が勝手に流れる場合、タンク内の部品の故障が第一に考えられます。
最初に、ボールタップや浮き球、ゴムフロートが壊れていないかチェックしてみましょう。

最新式のタンクレストイレやウォシュレットを使っている際は、メーカーへ連絡してください。
感電してしまうおそれがあるので、自分で修理するのは避けてください。

トイレの水が勝手に流れる原因が分からない場合や、部品交換の経験が無い場合は、ぜひ「たうん水道修理センター」までご連絡ください。
水回りのトラブルのプロが駆けつけます。