ユニットバス(3点ユニット)の水漏れの原因は?解決法も説明!

お風呂場

マンションでもアパートでも、ユニットバスが多く利用されていますが、実は水漏れトラブルの原因になります。浴室の床が水浸しになっていたり、悪臭が立ち込めていたりする場合は、ユニットバスの水漏れトラブルである可能性があります。

今回はユニットバスが水漏れを起こす原因と、解決方法についてご紹介します。
(なお、当コラムではトイレと洗面台と浴槽が同一の部屋にある「3点ユニットバス」のことを「ユニットバス」と呼称しております)

ユニットバスにおける水漏れの主な原因

ユニットバスの水漏れ原因はさまざまです。ここではユニットバスの水漏れ原因を紹介します。

浴槽自体の劣化・ひび割れ

ユニットバスの床には、水の侵入を防ぐコーティングがされているものがあります。このコーティングが施されている場合、およそ10年で塗り替えをしなければなりません。地震が起こった場合でも、コーティングがひび割れてすき間ができることがあります。

ユニットバスの浴槽は、通常の浴槽よりも脆いといわれています。最近では技術が発達し、丈夫なユニットバスが普及していますが、やはり劣化には弱いです。劣化したユニットバスは衝撃に弱いため、浴槽に物を落とすなどの衝撃を与えた場合、ひび割れを起こす可能性があります。

浴槽にひびが入ったことが原因で水漏れしている場合は、浴槽の交換やひび割れの補修を行いましょう。

蛇口の劣化・緩み

蛇口から水漏れが起こっている場合、給水管のつなぎ目が緩くなっていることが原因です。長年利用していると、どうしてもつなぎ目のナットが緩くなってしまいます。レンチなどを使用して一度締め直してください。

また、蛇口のパッキンが劣化していても水漏れを起こしやすくなります。パッキンが劣化していると、水が壁を伝うように流れ出ます。悪化が進行すると、水漏れの被害が大きくなることもあるので、早めに対処しましょう。

それでも水漏れが直らない場合は、蛇口の劣化である可能性があります。蛇口は劣化すると、目に見えない部品が損傷していることがあります。配管も劣化していることが多いので、修理するまでは丁寧に扱うことをオススメします。

シャワー部分のトラブル

シャワーホースとシャワーヘッドの結合部分が劣化すると、水漏れが発生しやすくなります。パッキンの劣化による水漏れの可能性があるので、パッキンの交換が必要となります。シャワーホースに水を溜め、噴き出る位置を確認して修理依頼をするか、シャワーホースを交換しましょう。

トイレ部分のトラブル

ユニットバスでの水漏れ原因は、トイレの劣化やひび割れ、トイレタンクの水漏れが挙げられます。部品交換が必要となります。ユニットバスの場合は、配管自体が通常と異なる可能性があるので、自力で修理せずに水道業者へ連絡しましょう。

目立った場所の劣化がないにも関わらず水漏れがある場合は、排水管のトラブルの可能性も

浴槽やトイレ、洗面台の水漏れは目視で原因を確認することができます。しかし、排水管まわりは目視での確認が難しく、気が付いたら床が水浸しになっていることも。ユニットバスは髪の毛が排水管に溜まった結果、水漏れが起こることがあります。

排水管奥のつまりや水漏れが原因となると、自分で対処することが難しいので、早めに修理業者に連絡しましょう。

ユニットバスにおける水漏れは、業者をすぐに呼ぶことが大切

目に見える範囲の水漏れは、原因の特定がしやすく、すぐに対応することができます。しかし、ユニットバスは配管や全体のつくりが特殊なため、見ただけでは原因が分からないこともあるのです。

洗面台から水が流れていたり、なぜか水道料金が高額になっていたりする場合は、水漏れトラブルを起こしている可能性があります。

ユニットバスの浴槽もトイレも洗面台も、日常生活において必要不可欠です。だからこそ、迅速な解決するには、水道業者に依頼して対応してもらうことが大切です。

業者を呼ぶまでの間の応急処置方法

ユニットバスが水漏れを起こしたら、すぐに業者を呼びましょう。しかし、業者が到着するまでに時間がかかったり、仕事などですぐに呼べないこともあります。そんなときは、まず業者が到着するまでの応急処置を行う必要があります。

まずは止水栓を止める

止水栓を止めることで、ほとんどの場合これ以上の水漏れトラブルを起こすことはありません。また、業者が修理を行う際に、水が突然あふれ出すトラブルを未然に防ぐことができます。蛇口からの水漏れ、トイレ、床の水漏れも止水栓を止めることによって防ぐことができます。

しかし、止水栓を止めても水が止まらない場合は、タンク内でもトラブルが起こっている可能性があります。そのときは、水の元栓も締めてください。元栓を締めると、自宅すべての水が使用できなくなります。すぐに業者を呼び、対応してもらう必要があります。

配管周りの水漏れは、タオルを巻いて対応

配管回りの水漏れは、タオルなどを巻いて応急処置を行います。テープなどがあるなら、テープで巻いて応急処置を行ってください。水漏れがひどく、タオルでも処置しきれない場合は、バケツなどを用意しておいた方が良いでしょう。

ユニットバスにおける水漏れまとめ

ユニットバスの水漏れトラブルにはさまざまな原因があります。マンションやアパートではユニットバスが普及していますが、水漏れトラブルも多いので日ごろから掃除やメンテナンスを怠らないようにしましょう。

神奈川県・東京23区エリアで水漏れトラブルが起こったら、一度たうん水道修理センターへご相談ください。ユニットバスの水漏れ、つまりが起きた際は電話一本ですぐに駆け付けます。ユニットバスの浴槽もトイレも、普段から必ず使用するものです。水漏れが発生したらいち早くご連絡ください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索