トイレのウォシュレットが故障したかもしれない…そんな時にチェックしたいポイント

トイレ

  • HOME
  • ブログ
  • トイレ
  • トイレのウォシュレットが故障したかもしれない…そんな時にチェックしたいポイント

トイレのウォシュレットが正常に作動せず、故障を感じたらまずは症状を確認する必要があります。もしかすると故障ではなく、単純なことが原因なことも。今回は、ウォシュレットが動かないときの原因と対処法、自分で修理する方法についてご紹介します。

まずはチェック!ウォシュレットが動かない理由

ウォシュレットが動かないと、真っ先に故障を疑ってしまいますよね。ですが、意外と単純なことが原因のときもあります。まずは焦らず原因と対処法を確認しましょう。

スイッチが入っていない・コンセントが抜けている・リモコンの電池切れなど

ウォシュレットのコンセントを掃除のときなどにうっかり抜いてしまっていませんか?常にウォシュレットを作動している家庭では、コンセントが抜けているのに気が付かないケースが多いです。

また、停電直後は「漏電保護プラグ」が作動して動かない場合があります。漏電保護プラグが作動することは稀なため、停電直後のウォシュレットの故障を考える方は少なくありません。漏電保護プラグのランプが点灯していたら、プラグ中央のリセットボタンを押しましょう。

次に、トイレのウォシュレットにある、リモコンの電源を確認してください。リモコンの電源が切れていると、ウォシュレットが作動しなくなる可能性があります。壁リモコンの電離切れマーク、リモコンボタン部分の照明を確認しましょう。

次にウォシュレットのスイッチが付いているか確認しましょう。古いタイプのウォシュレットの多くは、そもそも電源スイッチがないことがあります。買い換えたばかりであったり、ウォシュレットの電源スイッチを確認していなかったりする方は、取扱説明書を確認してください。

便座にしっかりと設置されていない

便座とウォシュレットがしっかり設置されていない場合、上手く動作しないことがあります。ウォシュレット本体がガタガタ揺れる場合は、しっかり設置されていない可能性があるため、もう一度設置しなおしてください。

ウォシュレットから水が出ない場合は、自分で修理が可能なこともある

水道の元栓が閉まっている・配管が凍結しているなどの本体以外の問題

ウォシュレットから水が出ない場合、元栓が締まっている可能性があります。また、冬に配管が凍結していると、水が供給されないことも。外の温度が上がれば解決する場合があるので、しばらく待ってからもう一度確認してみましょう。

ノズルが汚れで詰まっている

洗浄ボタンを押してもウォシュレットのノズルが出てこない原因は、ノズル部分に汚れが付着し、固まっていることが挙げられます。この場合はノズルをしっかり掃除することで改善されます。それでも動かない場合は、ノズルの故障が考えられます。

なお、ノズルが故障すると、ノズルが出てこないだけでなくノズルが戻らなくなることもあります。汚れを除去しても不具合が残っている場合は、業者に連絡しましょう。

本体と給水ホースの接続部フィルターにゴミが詰まっている

水道の元栓や、配管の凍結が原因でない場合、給水ホースの接続部フィルターにゴミが詰まっている可能性があります。掃除方法は、以下の手順を参考にしてください。

1.マイナスドライバーで止水栓を回し、水を止める。
2.本体と給水ホースの接続部にあるフィルターの蓋を、マイナスドライバーで外す。
3.フィルターを取り外し、ゴミを歯ブラシなどで取り除く。
4.フィルターをもとの位置に戻し、マイナスドライバーでしっかり取り付ける。
5.止水栓も戻し、水が出たら完了。

フィルターを戻す際、取り付けが悪いと水漏れの原因になりますので注意しましょう。

上記の対応をしても改善しない場合は業者に連絡を

今回紹介した方法でも改善しないのであれば、ウォシュレット本体が故障している可能性があります。本体は電気機器になるため、繊細な作業が求められます。下手に触ることで状態を悪化させることもあるので注意してください。

ウォシュレット本体の故障が原因であれば、業者に連絡して直してもらう必要があります。

ウォシュレットが水漏れしている場合は、すぐに業者に連絡を

ウォシュレットが水漏れをしている場合は、水が出ないケースとは違い、パーツの劣化や不具合である可能性があります。水流の制御する場所はウォシュレット内部にあるので、自力での修理は分解するしかありません。修理業者に依頼するか買い替えをご検討ください。

給水管の緩みが原因の場合、ナットを締め直すことで解決することも

給水管や分岐金具からの水漏れは、ナットが緩んでいる可能性が高いです。

ナットの緩みはモンキーレンチで締め直すことで改善されます。ナットの緩みが頻繁に起こる場合は、劣化による部品の損傷である可能性があります。ナットを締めても水漏れが治らない場合は、給水管の内部を確認してください。パッキンの劣化による水漏れの可能性があります。

ナットやパッキンが原因の水漏れは、自力で直すことが可能ですが、ホームセンターへ行き適合する部品を揃えなければなりません。自分で修理するのに自信がない方は、修理業者に依頼しましょう。

その他ウォシュレットの故障に関する問題

温水が出ない場合、設定を確認しておかしくなければ業者に連絡する

ウォシュレットから温水が出ない場合、温度設定が「低温」になっていたり、OFFになっていたりしないか確認してください。また、ウォシュレットが貯蓄式の場合は、タンク内の温水を使い切った可能性があります。

設定を確認しても異常を感じなければ、一度業者へ連絡して、修理してもらう必要があります。

便座が温まらない場合、設定と着座センサーを確認する

ウォシュレットが故障していると、便座が温まらなくなってしまいます。座ったときは温かかったのに、いつの間にか冷たくなった場合は、時間経過による安全装置が稼働した可能性があります。

また、便座のセンサーが汚れている場合も正常に作動しないことがあるので、トイレ掃除の際にセンサーもお手入れしてみてください。

トイレのウォシュレット故障まとめ

トイレのウォシュレットの故障を感じたら、まずは故障した箇所の確認を行いましょう。故障した原因によっては、修理しなくても直すことができます。ウォシュレットが動かない原因がわからない場合は、故障した箇所を特定して修理業者に依頼しましょう。

普段必ず使用するトイレだからこそ、一刻も早く修理しなければなりません。たうん水道修理センターは、修理のプロが対応するため修理を早く済ませることができます。戸建て、集合住宅にも対応しているので、トイレの修理もスピード解決します。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索