水回りの異音の原因「ウォーターハンマー現象」から配管を守る対策法とは?

キッチン

ご自宅などの水道の蛇口を急に締めた際に「コンッ!」という音がすることがありますが、これをウォーターハンマー現象といいます。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、この現象は単に音がするだけでなく配管に対して影響を与えてしまうため対策をしなければなりません。

今回はウォーターハンマー現象について、原因や症状、対策などをご紹介します。

ウォーターハンマー現象とは

ウォーターハンマー現象というのは、水道管の内部圧力が急激に変化することによって起こる現象のことです。大量の水を水道から流している状態で蛇口を急に締めた場合に、水道管内部にて凄まじい勢いで流れていた水が行き場を失います。満員電車が急停止した状態と同じといえばわかりやすいでしょうか。

行き場を失った水ですが勢いはそのまま維持していますので、圧力変動によって加震力が発生し、衝撃音が生まれるのです。これは圧力が急激に上昇したことに良いって引き起こされるウォーターハンマー現象です。

もう一つ、ウォーターハンマー現象を引き起こす原因として水柱分離によるものがあります。これはポンプによって水を流していた場合に、ポンプを急停止したことによって、惰性で進もうとする水の流れとポンプの直後の部分とで圧力が停止してしまうという現象のことです。圧力が停止した部分に対して水が集まってしまいますので、その時の衝突によって音や振動が発生してしまうというわけです。

昔から発生していた症状ではあるものの、近年ではテクノロジーの発展などによってその頻度は高くなっている傾向にあります。例えば食器洗浄機や大型の洗濯機などもそうです。洗いやすすぎのタイミングになると勢いよく水道管を経由して水を使用しますが、次の工程へと進むタイミングになると水流は急停止します。その際にウォーターハンマー現象は発生します。

また、蛇口に関しても昔はひねることで徐々に栓をする形でしたが、近年では片手で簡単に上げ下げすることで水を制御するシングルレバー式の蛇口が普及したことで、瞬時に水を止めることが多くなっているというわけです。

ウォーターハンマー現象の症状

ウォーターハンマー現象は一度発生しただけでは基本的には問題になりません。音がするというだけですので、気にはしたとしても、大抵の場合そのまま放置してしまうでしょう。しかし、放置することでその後も繰り返しウォーターハンマー現象が発生し、最終的に配管の破損や破裂という大問題へと発展してしまう恐れがあります。

水道管などの配管は戸建てやマンションに関わらず壁内に設置されているものです。そのため、破損をしたとしても表面的に水漏れや浸水をするまで気づくことができません。また、水漏れが気づくレベルにまで進行してしまうと、家の構造へダメージを与えてしまいますし、階下へ漏水被害を出してしまっては大きな問題となります。

壁の中にあるということは、改善や対処もそう簡単にできるものではありませんので、そういった意味でもできる限りウォーターハンマー現象が発生しないようにすることで未然に防ぐことが重要です。

ウォーターハンマー現象の対策方法

ウォーターハンマー現象を発生させないための対策方法ですが、「水撃防止装置を設置する」というものが最も効果的とされています。せっかく便利な水道を、昔ながらの蛇口へと変更するということは難しいでしょう。また、洗濯機には基本的に急激に水を制御しないようにするための機能は搭載されていませんので、手動で水を出し入れするしかなくなってしまいます。そのままの設備でどうにか工夫するというのは限度がありますので、水撃防止装置の設置が最も簡単で効果的な方法となるのです。

トイレや洗濯機など、設置する機器や場所によって取り付けの箇所も異なります。例えばトイレに水撃防止装置を設置するとなった場合であれば、止水栓に対して取り付けます。洗濯機の場合ですと蛇口に対して取り付ける形となります。ただし、いずれにしても取り付け方はいくつか種類がありますので、止水栓や蛇口の種類次第で決まるでしょう。

水撃防止装置を取り付けるだけで、急激に水流が止まったりしてもその圧力を緩和させる効果に期待ができます。

近年では新築の際にデフォルトで取り付けられているケースも少なくありませんが、もしも現在未設置の状態ということであれば、業者の方に依頼をして取り付けてもらうことになるでしょう。素人がやるには難易度の高い作業となりますので、よほどの理由がない限りはプロにおまかせするというのがベストです。

ウォーターハンマー現象による被害の対応

万が一、ウォーターハンマー現象によって水道管が破損して水漏れをしてしまった場合ですが、もはや専門のプロに頼る他ありません。一刻も早く配管のプロに依頼して修理をしてもらう必要があるでしょう。その際の直し方としては、水撃防止装置の設置と配管の敷き直しなどが代表的です。

劣化や破損してしまった配管を新品で敷き直すことで、新築の頃と同じ耐久力で使用し続けることができるようになります。また、水撃防止装置がなければ取り付けることになるでしょう。元々取り付けられていたとしても、経年劣化により故障率も高まっていくでしょうから、交換作業は必要です。

どの方法によって直すのかという部分に関しても、業者の方が実際に現場で状況を確認した上で決めることですので、依頼する側がどの方法で直してほしいのかをあえて指定する必要はないでしょう。

まとめ

配管内での急激な圧力上昇などによって引き起こされるウォーターハンマー現象。その症状自体には大きな影響はないものの、万が一の場合のダメージは測り知れないものになる可能性があります。

事前の対策を実施するということであれば、たうん水道修理センターに真っ先にご連絡ください。数多くの案件を手掛けてきたプロフェッショナルが、横浜・神奈川県全域、最優先で対応いたします。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索