トイレやキッチンなどの水道トラブルの予防方法まとめ

トイレやキッチン、お風呂などの水回りにはトラブルがつきものです。いざトラブルが発生してしまうと、素人では簡単に修復することが困難ですので、まずは普段から予防をしっかりと行うことが大切となります。どのようにして予防したらいいのかわからないという方も多くいらっしゃるかと思いますので、今回は水回りの代表的な予防方法についてご紹介いたします。

トイレの予防方法

トイレの水道トラブルとしては、詰まりが最も多いです。トイレのトラブルといえば多くの方が真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。

トイレが詰まってしまう原因ですが、トイレットペーパーと排泄物によるものがほとんどとなります。トイレットペーパーといえば水に溶ける紙ですが、いくら水に溶けやすいといっても限度があります。トイレットペーパーが丸まった状態や、かなり長い場合には溶けるのにも時間がかかってしまうのです。そのため、一度に流すトイレットペーパーは5mが基準されていたりもします。流す量を抑えたり、多くなる場合にはできるだけこまめに流すように心がけたりすると予防できます。

もう一つの原因となる排泄物ですが、基本的には水に溶けて流れやすいものではあります。しかし、排水管は一定のサイズとなりますので、そのサイズに対して排泄物のほうが大きい場合や多量となると詰まってしまうことがあるのです。とくに便秘気味の方の便は硬くなる傾向にありますので、水で流した際に排水管の途中で詰まってしまいやすくなるのです。また同時にトイレットペーパーも流すでしょうから、余計に詰まりやすい状況が出来上がってしまいます。

また、その他にも除菌ペーパーなどの水に溶けにくいものをついつい流してしまい、それがつまりの原因になってしまうこともあります。同じ紙なのですぐ詰まることはないだろうという油断から発生してしまうのです。そうしたペーパーにはトイレに流さないようにという注意書きがされているはずですので、大丈夫だろうと安易に考えてトイレに流してしまうことがないように気をつけましょう。

キッチンの予防方法

キッチンの水道トラブルといえば、排水口の詰まりが最も多いケースとなります。排水溝部分には生ゴミや食べかすなどが排水管へと侵入しないような仕組みになっていますが、それでも何かのきっかけで流れてしまい詰まってしまうことがあるのです。また、詰まりとまではいかなくても、排水に時間がかかるようになってしまったり、排水時にボコボコという音がするようになったりといった異変発生の可能性もあります。

よくある間違いとして、排水口に何らかの異変を感じた際に、市販の排水口の汚れ落としを使用する方がいますがこれは正しくありません。市販の排水口の汚れ落としは、問題がない状態で定期的にメンテナンスをするために存在しています。それをつまりかけているような状態で使用してしまうと、ただでさえ排水できる隙間のないところに落とされた排水口の汚れが重なり、とどめを刺してしまうことになります。

そもそもトラブル予防のための方法としては、できるだけ油を流さないようにするということが第一です。ご存じの通り、温度が高い状態であれば油は液体ですが、温度が下がると白い固形へと変化します。排水溝から配管へと流された油が冷めることによって、固形となり配管の中に蓄積されていくわけです。始めのうちは詰まるほどの量ではないかもしれませんが、それが積み重なっていくことで排水できない状態にまで悪化してしまうのです。

その上で、洗い物などが終わったタイミングで最後に排水口に対して熱湯を注ぐようにすれば、流れた油が固形になるのを遅らせることができるので、そう簡単には詰まるまで至りません。何も買う必要がないので、すぐにでも始められる予防となります。

お風呂の予防方法

お風呂に関しても排水口のつまりが最も多いトラブルです。排水口には髪の毛やシャンプー、石鹸などのカスが流れることになりますので、比較的高い頻度で詰まってしまう部分となります。浴室の排水口は排水トラップとなっています。そして浴槽の排水部分と洗い場の排水部分が下で繋がっており、やや複雑な構造をしているのです。キッチンやトイレもそうですが、排水トラップになっていることで、悪臭の発生を防いでいます。しかし、その複雑な構造が詰まり易さを生んでしまっているという側面も少なからずあるのです。

浴室の排水トラップはいくつかのパーツによって構成されています。排水カバーや封水筒、ヘアキャッチャーなどです。それらが組み合わさって一定量の水を貯める仕組みができていますが、パーツの隙間などに髪の毛などのゴミが溜まることで詰まってしまうことがあります。

トラブルの予防方法としては、排水トラップ部分の定期的な掃除が効果的です。各パーツの取り外しは非常に簡単ですし、掃除の後の組み立ても一切複雑ではないので気軽に行うことができます。また、詰まってしまう前にパイプクリーナーを使ってこまめに配管を綺麗にしておくといいでしょう。それと同時にヘアキャッチャーに市販のネットなどをかぶせておくと、掃除も楽ですしつまりを防ぐより効果の高い手段となるのです。

トラブルが発生してしまった際の対処方法

予防をしっかりといていたとしても、トラブルが一切発生しなくなるというわけではありません。予防はできる限りトラブル発生の確率を下げるための方法ですので、万が一発生してしまった場合の対処法についても把握しておく必要があるでしょう。

まず用意しておくと便利なアイテムがラバーカップ、あるいは真空式パイプクリーナーです。この2つのアイテムは吸引力によってつまりの原因を吸い上げる事ができるものです。よほど固く引っかかってしまっている場合には成功率は下がるものの、大抵のつまりはこのアイテムで解消が可能となります。使い方も非常に簡単で、排水溝を覆うように取り付けた状態から何度も引っ張り上げるようにすることで、一気に引っかかりの解消が可能です。これはトイレやキッチン、浴室など場所を問わず使えます。

素人では対処ができないトラブルも水回りではよく発生するものです。その際に無理して自力で解消しようとした結果、かえって状況を悪化させるだけになったというケースも少なくありませんので、そういうときは迷わずプロに依頼するというのも有効な手段なのです。24時間365日対応可能な業者を把握しておくことで、いざというときでも安心です。

まとめ

水道トラブルは日常生活に支障をきたしてしまう可能性が非常に高いので、トラブルに発展しないように日々の予防やメンテナンスがとても大切です。今回ご紹介した内容を是非実践してみましょう。万が一水道トラブルが発生してしまった際には、最短30分で現場へ駆けつけるスピーディな対応が可能なたうん水道修理センターにご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA