トイレの流れが悪い…原因と流れを元に戻すための方法とは

トイレ

トイレの水の流れが悪い、明らかに便器内の排水がつまっている…そんな経験はありませんか? トイレは日常生活をする上で欠かせないものですから、トラブルは素早く解消したいですよね。そこでこのコラムでは、トイレが流れにくい時の原因や対処方法をわかりやすくまとめています。

トイレの流れが悪い原因

流すための水の量が普通よりも少ない→タンクが原因

トイレの便座の後ろ側の水タンクに溜まる水の量が少ない場合、どうしても流れが悪くなります。

この場合、タンクの中の水の量を調整するフロートバルブやボールタップと呼ばれる水位をコントロールするための部品の位置が悪いか、故障していることなどが考えられます。

流れが悪い・水位が高い→便器内・排水管のつまりが原因

上記のフロートバルブやボールタップの位置に問題が無く、トイレのタンク内に水が十分に溜まっている場合、便器内や排水管が詰まっているために流れが悪いことが考えられます。

タンクが原因の場合の解決方法

タンクの水位を正常に戻す

①まずトイレのタンクのフタを開けてください。フタは樹脂でできている場合と陶器でできている場合がありますが、陶器の場合は重量があるので落としてケガをしたり、割ったりしないように気を付けてください。

②フタはタンクに乗っているだけのものと、フタの下にボールタップなどに繋がる部品が付いている場合があります。スパナなどの道具で分解できることが多いですが、要領がわからないと思う方は業者に頼みましょう。とにかく無理をして部品を壊したり、ケガをしたりしないように落ち着いて作業を行い、無理を感じたら業者に依頼しましょう。

③フタを開けたらまず水位を見ましょう。上側に突き出ているオーバーフロー管の2~3cm下に水があれば水量は問題ありません。水面がそれよりも明らかに低い場合、水量を調整する必要があります。

④浮き球があるタイプの場合、その根元を見てください。水位調整リングがあれば(円筒の側面に縦に溝が切ってある部品)まずそれを上に持ち上げ、ロックを外します。その後水位調整リングを右に回すと水位が上昇します。一回転すればほぼ3cm程度水位が上がりますから、オーバーフロー管の2~3cm下に水位が来るまで調整してください。

⑤位置が決まれば水位調整リングを押し下げて、ロックして作業終了です。

タンク内の器具を交換する

水位調整リングを動かしても、その効果が見られない場合、タンク内の浮き球やボールタップが古くなって動きが悪くなっていることが考えられます。そんな時は浮き球やボールタップを交換しましょう。ここからその手順を説明します。

①悪くなっている部品がわかっても、すぐに分解することはおすすめしません。まずタイプを確認して、ホームセンターなどで部品を購入してから分解しましょう。道具としてはスパナセットやモンキーレンチがあれば可能です。これらが無い場合は100均でも購入可能なので、用意しておきましょう。また、ぞうきんやタオルを2、3枚ずつ用意しておくと作業しやすいです。

②部品や道具が用意できたら、まず止水弁を閉めましょう。作業中、タンク内に新たな水が供給されないようにします。

③タンクの外部に接続された給水管を外し、次にボールタップを外します。ボールタップは用意したスパナやモンキーレンチでねじ部を回せば取り外しできます。

④悪くなった部品を新品に交換し、外したのと逆の順序で取り付けて行きます。

⑤部品が全て付け終わったら水位調整リングで水の量を調整すれば作業終了です。

便器内・配水管のつまりが原因の場合の解決方法

ラバーカップを使用する

トイレのタンクに問題が無い場合、便器内・配水管につまりがあることが考えられます。その場合はラバーカップでつまりを解消することができるかもしれません。ラバーカップはホームセンターなどで数百円程度あれば購入できます。

使い方も簡単で、まずカップの部分を便座内の水が流れていく部分に押し当て、隙間ができないようにします。その後カップを押し下げてから勢いよく引っ張るだけです。場合によっては詰まっていたものが飛び散ることも考えられるので、ラバーカップの周りをビニールシートなどで被うことをおすすめします。

水位が低い場合は真空式パイプクリーナーを使用する

真空式パイプクリーナーはラバーカップにポンプが付いたような物体です。ラバーカップよりは少し高いですが、それでも手動式なら1,000円から2,000円程度で購入できます。

作業方法はラバーカップと同様で、水が流れていく部分にすき間が無いようにカップを押し付け、手元のレバーを引くだけです。引き込める量がラバーカップより大きいのでつまりを解消できる可能性は上がります。

トイレの流れ解消を業者に依頼したほうが良いケース

交換すべきタンク内の器具がわからない

トイレのタンク内を見たけど水位の調整や、交換すべき部品がわからない、という場合、無理をせずに業者に依頼しましょう。また悪くなった部品はわかるけど購入方法がわからない、ホームセンターに行ってみたけどどれが自宅のトイレに合うのかわからない、という場合も業者に依頼した方が良いでしょう。よくわからないまま購入してみたけど使えなかった、となれば、その部品代や作業時間が無駄になってしまいます。

ラバーカップ・真空式パイプクリーナーでも取り除けない異物が詰まっている

トイレの排水が詰まっている場合、ラバーカップや真空式パイプクリーナーでも解消できないようなこともあります。そんな時は業者に解決を依頼しましょう。

トイレの流れを悪くしてしまうポイント

トイレの流れが悪くなるポイントはいくつかあります。ここでは代表的なものを紹介します。

・トイレットペーパー
トイレットペーパー自体は流れやすく作られていますが、一度に大量に流すとつまることがあります。

・ティッシュペーパー
トイレットペーパーが切れた場合にティッシュペーパーなどで代用することがあるかもしれませんが、トイレットペーパーのように流れやすいものではありません。もし使った場合は、流さずに燃えるゴミに捨てましょう。

・紙おむつなど
紙おむつは水で分解しませんし、水をどんどん吸収する機能があるので、膨らんでつまりの原因になります。便器内に落としてしまった場合は流さずにすぐ取り出しましょう。

・猫のトイレ砂
猫のトイレ用砂は流せるタイプもありますが、量が多いと固まってしまうことがあります。また、流せないタイプはゴミとして廃棄しましょう。

・スマホなどの異物
胸ポケットなどに入れているスマホやペン、手帳、ハンカチ、財布などもトイレに落としがちですが、これらもつまりの原因になります。便器内に落とした場合、放置せずに取り出しましょう。

トイレの流れ解消法まとめ

トイレの水が流れにくい場合の原因や対処方法をまとめました。ここまで書いてきた方法をよく読んで、それでも対応できない場合、まずは「たうん水道修理センター」にご連絡ください。

当社は横浜・東京近郊を中心に、年中無休で営業しており、無料の電話相談を24時間対応しています。トイレが使えないと生活上非常に困りますから、深夜でも遠慮せずにご相談ください。最短30分で現場に駆け付け、素早く対応致します。「たうん水道修理センター」はお見積もり、出張費用は一切いただいていませんから安心してご依頼いただければと思います。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索