トイレの流れが悪い…原因と流れを元に戻すための方法とは|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレの流れが悪い…原因と流れを元に戻すための方法とは

トイレの水の流れが悪い、明らかに便器内の排水がつまっている…そんな経験はありませんか?
トイレは日常生活をする上で欠かせないものですから、トラブルは素早く解消したいですよね。
そこでこのコラムでは、トイレが流れにくい時の原因や対処方法をわかりやすくまとめています。

トイレの流れが悪い原因

トイレの流れが悪くなってしまう原因には大きく分けて3つのタイプがあります。
そこでここからは、それらの原因について詳しくご紹介していきましょう。

原因その1|タンク内の水量が少ない

トイレの貯水タンクに溜まる水の量が少ないと、どうしても水の流れが悪くなってしまうため、ペーパー類や便を流しきれない場合があります。

タンク内に溜まる水量が少なくなる原因としては、次の3つが考えられます。

▽タンク内に溜まる水量が少なくなる主な原因

  • 水位調整がおかしくなっている
  • フロートバルブやボールタップが故障している
  • ペットボトルによる節水

地震や何らかの衝撃が加わることで、タンク内の水位調整がおかしくなってしまったことが考えられます。
またタンク内にある水位を調整するフロートバルブやボールタップが故障した可能性もあります。

また節水のためにペットボトルなどの重石をタンク内に入れているご家庭もあるようですが、その行為も要注意です。

適切な水量を流さないことでペーパー類がつまってしまう可能性もあります。
節約のつもりが結果として高い修理代を支払うことにならないよう、トイレの水量は適切な量を流すように心がけていきましょう。

原因その2|便器内のつまりでトイレの流れが悪い

トイレの排水管などがつまっている場合もトイレの水の流れが悪くなってしまいます。
水を流した後に、流したものが便器に戻ってきてしまう場合は要注意です。

そのほかにも流した後に便器内の水位が高くなったり、水を流した後にゴボゴボと音がなったりする場合も便器内でつまりが生じている可能性があります。

軽度の紙つまりなどの場合は、自然につまりが解消することもありますが、半日経過してもつまりが解消しない場合は適切に対処しましょう。

原因その3|排水管・排水桝のつまりでトイレの流れが悪い

トイレのタンク内が正常な状態で、かつ便器の中のつまりもない場合は、もしかするとトイレの排水管や排水桝(ます)でつまりが生じているかもしれません。

排水桝とは、住宅から流れる汚水や排水、雨水を、敷地外の排水本管に流すために設置されるもので、ごみ溜めのような役割を果たしているのです。

排水桝のつまりが原因でトイレの流れが悪くなる場合は、排水桝を清掃することで解消が期待できます。
しかし、排水管のつまりが原因の場合は素人で対処が難しいため、専門の業者に依頼する必要があります。

トイレの流れが悪い場合の対処法

トイレの流れが悪い場合にできる3つの対処方法について紹介していきましょう。

対処法その1|タンク内の水量が少ない時の対処法

タンク内の水量が少ない際の対処方法は次のとおりです。

▽タンク内の水量が少ない場合の対処方法

  1. タンクの蓋を外す
  2. タンクの水位をチェックする(オーバーフロー管の3〜4cm下が標準水位)
  3. 水位を調整する
  4. 止水栓を調整する
  5. タンクの蓋を閉める

水位の調整の仕方は、給水弁のタイプによって異なります。

▽水位調整リングのあるタンクの場合
水位調整リングがある場合は、その部分を持ち上げロックを解除しましょう。

水位が高い場合は「左向き」に、水位が低い場合は「右向き」に回すことで水位の調節ができます。
右向きに1回転ほど回すことで水位が3cm程度あがるでしょう。

▽水位調整リングがないタンクの場合
水位調整リングがない場合は、浮き玉のアーム部分を上向きに曲げることで水位の調整が可能です。
それでも水位の調整が難しい場合は、新しい給水弁に交換する必要があります。

▽浮き玉が球体でない場合
通常、タンク内の浮き玉は球体のものがほとんどですが、まれに球体でない浮き玉が存在します。
その場合、給水弁によって調整方法が異なりますので、取扱説明書で方法を確認しながら水位を調整しましょう。

対処法その2|便器内のつまりでトイレの流れが悪い時の対処法

便器内のつまりが原因で流れが悪くなっている場合は、下水の逆流やトイレの故障、そして水漏れなどの被害が発生する可能性があるため、なるべく早く対応しましょう。

ご自宅で手軽にできるつまりの対処方法は次のとおりです。

▽便器内のつまりの対処方法

    • バケツで水を流しこむ
    • お湯を流す
    • 重曹やクエン酸を使う
    • 洗剤を使う
    • ラバーカップを使う
    • ワイヤーブラシを使う

築年数が古い物件や使用年数の長いトイレの場合はどうしてもつまりやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。
重曹やクエン酸を使ってつまりを定期的に解消することやラバーカップやワイヤーブラシなどのアイテムを活用する工夫をしましょう。

対処法その3|排水管・排水桝のつまりでトイレの流れが悪い時の対処法

排水管や排水桝のつまりが原因の場合は、以下の方法で対応しましょう。

▽排水管や排水桝の対応方法

排水管 業者に依頼
排水桝 自分で対処して解決しなければ業者に依頼

先ほどもご説明したとおり、排水管のつまりは専門業者への依頼が必須です。
排水桝のつまりはご自分でクリーニングすることで解決することがありますので以下の手順で対処しましょう。

▽排水桝のクリーニングで必要なアイテム

  • ビニール袋
  • マイナスドライバー
  • 汚れを取り出すためのひしゃく
  • バケツ
  • ザル
  • ブラシ(硬めがおすすめ)
  • 台所用中性洗剤
  • ホース

▽排水桝のクリーニング方法

  1. マイナスドライバーを使って排水桝の蓋を開ける
  2. 蓋をブラシで掃除する
  3. 排水桝の中のごみや汚れを取り除く
  4. 排水エルボを取り除き、エルボや排水管の中の汚れを取り出す
  5. 排水桝の底にある汚れやヘドロをかき出す
  6. 台所用洗剤を使って排水桝を洗浄する
  7. 排水エルボを取り付け、蓋をしめる

排水エルボとは、排水口と排水管を接続するために設置するL字の部品のことです。
曲がった部分にゴミや汚れが溜まりやすいので定期的なクリーニングをおこなっていきましょう。

タンク水量はあるのに水の流れが悪い時の対処法

トイレの貯水タンク内に水がしっかりとあるのに流れが悪い場合は、以下の不具合が考えられます。

▽水量が十分にあるのに水の流れが悪い原因

  • 貯水タンクの下部にあるフロート弁がうまく動いていない
  • 浮き玉が浮いていない
  • ボールタップが動いていない

タンクの蓋を外して、これらのパーツが正常に動いているかを確認しましょう。
万が一動いていない場合は、新しい部品への交換が必要な場合もありますので、専門業者に点検や修理を依頼してください。

トイレの流れ解消を業者に依頼したほうが良いケース

トイレのつまりによってはご自分で対応できるケースもありますが、以下のような場合は早急に業者に依頼することをおすすめします。

ケースその1|交換すべきタンク内の器具がわからない

トイレのタンク内を見たけど水位の調整や、交換すべき部品がわからない、という場合、無理をせずに業者に依頼しましょう。
また悪くなった部品はわかるけど購入方法がわからない、ホームセンターに行ってみたけどどれが自宅のトイレに合うのかわからない、という場合も業者に依頼した方が良いでしょう。
よくわからないまま購入してみたけど使えなかった、となれば、その部品代や作業時間が無駄になってしまいます。

ケースその2|ラバーカップ・真空式パイプクリーナーでも取り除けない異物が詰まっている

トイレの排水が詰まっている場合、ラバーカップや真空式パイプクリーナーでも解消できないようなこともあります。
そんな時は業者に解決を依頼しましょう。

トイレの流れを悪くしてしまうポイント

トイレの流れが悪くなるポイントはいくつかあります。
ここでは代表的なものを紹介します。

・トイレットペーパー
トイレットペーパー自体は流れやすく作られていますが、一度に大量に流すとつまることがあります。

・ティッシュペーパー
トイレットペーパーが切れた場合にティッシュペーパーなどで代用することがあるかもしれませんが、トイレットペーパーのように流れやすいものではありません。
もし使った場合は、流さずに燃えるゴミに捨てましょう。

・紙おむつなど
紙おむつは水で分解しませんし、水をどんどん吸収する機能があるので、膨らんでつまりの原因になります。
便器内に落としてしまった場合は流さずにすぐ取り出しましょう。

・猫のトイレ砂
猫のトイレ用砂は流せるタイプもありますが、量が多いと固まってしまうことがあります。
また、流せないタイプはゴミとして廃棄しましょう。

・スマホなどの異物
胸ポケットなどに入れているスマホやペン、手帳、ハンカチ、財布などもトイレに落としがちですが、これらもつまりの原因になります。
便器内に落とした場合、放置せずに取り出しましょう。

トイレの流れ解消法まとめ

トイレの水が流れにくい場合の原因や対処方法をまとめました。
ここまで書いてきた方法をよく読んで、それでも対応できない場合、まずは「たうん水道修理センター」にご連絡ください。

当社は横浜・東京近郊を中心に、年中無休で営業しており、無料の電話相談を24時間対応しています。
トイレが使えないと生活上非常に困りますから、深夜でも遠慮せずにご相談ください。
最短30分で現場に駆け付け、素早く対応致します。
「たうん水道修理センター」はお見積もり、出張費用は一切いただいていませんから安心してご依頼いただければと思います。

トイレつまり・水漏れが発生した際には、ぜひ「たうん水道修理センター」に相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA