【横浜市泉区修理事例】下水配管のつまり

状態

横浜市泉区より、下水のつまりで困っている、というトラブルの相談が入りました。

屋外の下水配管のつまりによるもので、下水配管がつまっていると、水が流れなくなるトラブルが起こります。水回りが使用できないと、日ごろの生活が大変困ることになります。

下水トラブルは、専門の水道業者に早めに相談してみることをおすすめします。

原因

今回の下水がつまった原因は、屋外の下水配管の、最終的な下水桝にたどり着く前の、コーナー部分で、さまざまな汚れが蓄積されて固まってしまったために、下水のつまりを起こしていたものです。

下水の配管が詰まって、流れなくなると、水回りが使えなくなりますので、早急な対処が必要となります。

修理方法

屋外の下水配管の直前コーナーのつまっていたことが分かったので、電動トーラーを用いて対処を行いました。電動トーラーの先端部分のワイヤーで汚れを取り除き、貫通をさせました。

つまりの成分が全部流れ出すことで、下水のつまりトラブルを解消させることができました。

修理の時のポイント

下水の配管のつまりの固まりは、電動トーナーでまず貫通させた後、こまめに水の流れをチェックしながら、つまっている固まりがすべて流れ出されたか、細かく確認しながら、慎重に作業を行いました。

お客様の声

下水がつまり、流れが悪くなり、水回りがとても使いづらくなってしまいました。

水回りは毎日使うところなので、とても困って「たうん水道修理センター」に修理をお願いしたところ、すぐに来てもらい、修理をしてくださいました。

下水の配管に、日ごろ流しているいろいろなものが溜まって詰まったと聞いて、これから気を付けて使うようにしよう、と思いました。

これからも何かあった時には「たうん水道修理センター」にお願いをしようと思います。

担当からの一言

下水配管が、最終桝にたどりつく前の最終コーナー部分で詰まっていることが分かったので、電動トーラーを使うことで、貫通をさせました。

貫通をした後に、少しずつ何度も流すことで、つまりの原因となった固まりを流しだすことができ、良かったです。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA