キッチンの水漏れの原因と自分でできる対処方法を詳しく解説|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

キッチンの水漏れの原因と自分でできる対処方法を詳しく解説

毎日の生活で使用するキッチンから、突然水漏れが起きると大変ですよね。
キッチンの水漏れの原因は、場所によってさまざまです。

そこで本記事では、キッチンの水漏れの場所別の原因と、対処方法を詳しく解説します。
水漏れの対処方法がわからない方や、自分で水漏れを直したいという方はぜひご覧ください。

【場所別】キッチンの水漏れの原因

キッチンで水漏れが発生した場合は、まずどこから水漏れをしているのかを特定しましょう。
ここからは、水漏れが起こりやすい場所と原因を紹介します。

場所①蛇口からの水漏れ

キッチンの蛇口には、蛇口を接続して固定するためのナットと水漏れを防ぐためのゴムパッキンがあるものがほとんどです。
そのため、ナットが緩んでいるとゴムパッキンとのあいだに隙間ができて、水漏れが起きます。

また、ゴムパッキンが劣化している場合にも水漏れが起きるでしょう。

場所②排水トラップからの水漏れ

シンクの排水口の下には、下水のニオイや害虫がシンクに上らないようにするための排水トラップと呼ばれる部分があります。
排水トラップは排水パイプと接続しているため、接続部分が緩むことや接続部分のゴムパッキンが劣化すると水漏れが起きます。

場所③排水パイプからの水漏れ

排水パイプは排水トラップよりも下にあるパイプです。
排水パイプもほかのパイプと接続しているため、接続部分が緩むことやゴムパッキンが劣化することで水漏れが起きます。

稀に、排水パイプ自体が古くなりひび割れて水漏れを起こす場合もあります。

場所④排水ホースからの水漏れ

排水ホースは、ビニール製のホースで排水パイプに繋がっています。
接続部分から水漏れが起きることもありますが、排水ホースは他の部分と比べて柔らかく劣化しやすいため、ホース自体が折れて水漏れを起こすこともあります。

自分で修理できるキッチンの水漏れ対処方法

水漏れが起きている部分のパーツを交換することや、接続部分を締めなおすことによって、自分で水漏れの修理ができる場合があります。
水漏れをしている場所によって対処方法が変わるため、注意が必要です。

ケース①排水トラップ周辺の水漏れ修理

排水トラップの接続部分の緩みが原因の場合は、接続している部分を締めなおせば水漏れが解消するでしょう。
排水トラップにごみが溜まることで水が逆流している場合は、排水トラップを分解して掃除をすると水漏れが直ります。

また、接続部分のゴムパッキンが劣化して水漏れを起こしている場合は、ゴムパッキンを新しいものに交換するとよいでしょう。
以下に、ゴムパッキンの交換方法を簡単に説明します。

ゴムパッキンの交換方法

  • バケツやタオルを用意する
  • バケツやタオルの上で、排水トラップと排水パイプの接続部分のナットを外す
  • 排水トラップを取り外す
  • 劣化したゴムパッキンを取り外し新しいゴムパッキンを取り付ける
  • 排水パイプと排水トラップを接続しなおす
  • 水を流して水漏れが起きていなければ完了

ケース②排水パイプ周辺の水漏れ修理

水漏れを起こしている原因がパイプ同士の接続部分の緩みの場合は、締めなおすことで解消できます。
接続部分を締めなおしても水漏れが直らない場合は、ゴムパッキンの劣化が原因と考えられるため、ゴムパッキンを新しいものに交換しましょう。

排水パイプの水漏れの修理方法

  • 接続部分の緩みを確認する
  • 接続部分が緩い場合はナットを締めなおす
  • ゴムパッキンが劣化していないか確認する
  • ゴムパッキンが劣化していたら新しいものに取り換える
  • 水を流して水漏れが起きていなければ完了

ケース③排水ホース周辺の水漏れ修理

水漏れの場所が排水ホースと排水パイプの接続部分の場合は、接続部分の締めなおしやゴムパッキンの交換を試してみましょう。

また、排水ホースは床下の排水管に差し込まれているため、差し込み部分がずれているときにも水漏れが起きます。
その場合は、排水ホースと排水管の差し込みなおすことで水漏れを解消できます。

もし、ホース自体が破損している場合はホースの交換や、防水テープを使用した修理をしましょう。

排水ホースの交換方法

  • 排水ホースと排水トラップに溜まっている水を抜く
  • 古い排水ホースを取り出す
  • 新しい排水ホースを取り付ける
  • 接続部分のナットを締めなおす
  • 水を流して水漏れが起きていなければ完了

業者に依頼したほうがよいキッチンの水漏れ

パイプやホースの接続部分の緩みなどが原因ではなく、自分で水漏れが直せない場合は専門の業者に修理を依頼しましょう。
原因がわかっていても自分で修理ができないときや、緊急性が高いときは業者に依頼することをおすすめします。

ケース①蛇口のトラブルの場合

蛇口の接続部分の緩みや、ゴムパッキンの劣化以外による水漏れは、蛇口自体が古くなっている場合や、破損している場合が考えられます。
蛇口を新しいものに交換する必要があるため、専門の業者に依頼して交換してもらうとよいでしょう。

ケース②交換する部品のサイズが分からない場合

部品の劣化で水漏れをしている場合は同じサイズの部品の交換が必要ですが、種類が多くどれを選べばよいかわからないという場合もあるでしょう。
自分では判断がつかない場合は、専門の業者に頼んで同じ部品を用意してもらうことをおすすめします。

ケース③緊急性が高い場合

キッチンから大量に水漏れしている場合や水漏れが止まらない場合は、すぐに解決しなければ日常生活に支障をきたすでしょう。
また、マンションやアパートなどの集合住宅で大量に水が漏れた場合は、階下の部屋への水漏れも考えられます。

原因がはっきりしない状況でむやみに排水口の部分を分解すると、かえって水漏れが悪化するため、専門の業者に見てもらうことが大切です。

キッチン用品でトイレ詰まりを解消できる

キッチンのみならず、「トイレが詰まってしまった」という経験を持つ人は多いですよね。
実は、キッチンに常備されている「食器用洗剤」を使用すれば、トイレ詰まりも解消することができます。

気になる方法に関しましては、こちらの記事で紹介していますのでぜひご参照ください。

トイレの詰まりは食器用洗剤で直せる!?やり方を解説

キッチンの水漏れを放置することで起こるリスク

キッチンで大量に水が漏れた場合はすぐに気が付いて対処できますが、少量の場合は気付きにくく、気付いても放置してしまうことも考えられます。

以下に、水漏れを放置したときに考えられるリスクの例をまとめました。

水漏れの放置によって起こるリスクの例

  • 水道料金が上がる
  • 下水の嫌なニオイが漏れ出てくる
  • 床材の腐食やカビの発生の原因になる
  • 漏れた水が階下の部屋に被害を及ぼす
  • 賃貸物件の場合は補修費用を請求される

水漏れを放置すると、近隣トラブルやキッチン全体の劣化に繋がるため、早めの対処が必要です。
そのため、シンクの下を定期的に見て 水漏れが起きていないか確認をしましょう。

とくに賃貸住宅の場合は、放置すると必要以上の修理費を請求される場合があるため、専門の業者に依頼して早く対処するとよいでしょう。

キッチンの水漏れは素早く適切な対処をすることが大切

いかがでしたでしょうか。

キッチンからの水漏れには自分で修理ができるものから、専門の業者に依頼したほうがよいものまでさまざまな状態があります。
そのため、原因ごとに正しい対処をすることが大切です。

自分で直す場合は、新しい部品やホースなどを、ホームセンターなどで購入できます。
部品を購入する場合は、種類や大きさが適切なものを選んで購入しましょう。

キッチンからの水漏れで困った際は、専門の業者に見てもらうことが1番です。
東京・横浜周辺にお住みの方で、キッチン周辺の水漏れに困った際は、たうん水道修理センターをぜひご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA