キッチンが水漏れで水びたしに!水漏れの原因と解消法を解説

キッチン

気が付いたらキッチンの床が水漏れで水びたしになっている! そんな時、どうしたらいいのでしょうか? このコラムでは水漏れの箇所や原因を明らかにしたうえで、対応策も丁寧に説明していきます。

キッチンの水漏れが発生している場所を特定しよう

キッチンでの水漏れを発見したら、迅速な問題解消のためにまずその発生場所を特定しなければいけません。この項目では、水漏れが起こりやすい場所や原因を挙げていきます。

蛇口

キッチンの蛇口からの水漏れは、固定しているナットのゆるみやパッキンの劣化などから起こります。ゆるみの問題であればスパナなどで締めれば解決できるでしょう。パッキンは平均的に10年くらいが寿命と言われていますから、そのくらい使っているものであれば注意が必要です。パッキンが原因であれば基本的には交換で解決できます。道具もスパナなどが必要ですが、専門業者しか持っていない、という種類のものでもありません。一番のハードルは、そのパッキンの種類が特定できるかどうかです。わからない場合は業者に相談しましょう。

排水トラップ周辺

キッチンシンクの排水口の下には「排水トラップ」と呼ばれる部分があります。排水トラップは排水の悪臭や虫などがキッチンに上がってくることを防ぐ役割を持っています。その機能上、どうしても接続部があり、接続部があればゆるみが発生することや、接続部からの水漏れを防ぐためのパッキンが劣化する可能性があります。

排水パイプ周辺

キッチンの排水パイプは、排水トラップより下部の排水管に繋がる塩化ビニール(塩ビ)でできた管のことです。蛇口や排水トラップと同様に、接合部のゆるみやパッキンの劣化による水漏れの可能性があります。水漏れの多くはその2点ですが、まれにパイプ自体が劣化してひび割れなどから水漏れすることもあります。

排水ホース周辺

キッチンの排水ホースはジャバラ状のビニールのホースです。ここまでの原因と同様に、接合部のゆるみやパッキンの劣化が考えられます。また、排水ホース自体は排水パイプより柔らかく、経年劣化によって折れることもあります。

自分で修理できるキッチンの水漏れ

排水トラップ周辺のトラブル

キッチンの排水トラップはつまりの原因になる箇所でもあることから、時には分解清掃することを前提として作られているので、分解することはそれほど難しくありません。

まずゆるみが原因と考えられれば、分解しなくても締めてみるだけで水漏れが止まる可能性もあります。それで止まらなければ分解してみましょう。トラップに物が詰まっていれば、水が流れないので逆流して漏れに繋がることもありますし、パッキンが裂けたり破れたりしていれば、交換が必要です。

排水パイプ周辺のトラブル

キッチンの排水パイプから水が漏れている場合、まずその場所を確認しましょう。接合部であれば、ねじ部のゆるみによる漏れが考えられますから、締めてみるだけで止まる可能性があります。これで済めば必要以上に手先やその周辺が汚れることもないので簡単です。接合部から漏れていてゆるみが原因でない場合は、パッキンの劣化が考えられます。もし締めても漏れが止まらなければパッキン交換を試してみてください。

排水ホース周辺のトラブル

キッチンの排水ホースからの水漏れも、排水パイプと同様にゆるみとパッキンの劣化が考えられます。そのためいきなり分解するのではなく、まず締めてみて漏れが止まるかどうか確認しましょう。締めても止まらなければ分解してパッキンを確認しましょう。

また、排水ホースの下側は床下の排水管に差し込む形になっているので、キッチンシンク下の収納部に入れたものを出し入れする時に気が付かずに接触したりしてズレる場合があります。この場合はズレを確認して差し込みなおすだけでトラブルを解消できます。

さらに、排水ホースは比較的柔らかいのでホースそのものが破れていることもあり得ます。破れが小さければ応急的に防水用のテープなどを巻き付けて止められる場合もあります。破れが大きい場合や、漏れが止まらない場合はホース事交換することも可能です。ホームセンターなどで販売していますから、可能な方はトライしてみても良いでしょう。

業者に修理したほうが良いキッチンの水漏れ

蛇口トラブル

ねじ部を締めたり、パッキンを交換したりといった手段をとっても漏れが止まらない場合は、蛇口そのものの劣化も考えられます。工具などを持っていれば蛇口そのものを自力で交換できる人もいるでしょうが、自信がない人は業者に依頼しましょう。

交換すべき部品のサイズがわからない、購入が難しいケース

蛇口、排水トラップ、排水パイプ、配水ホースなど、パッキン交換で済むケースはありますが、そのパッキンをどのように購入すればよいかわからないというケースもあるでしょう。分解してパッキンを取り出し、それをホームセンターなどに持っていく方法もありますが、パッキンにもさまざまなサイズや材質による種類があります。自信がない人は業者に相談した方が良いでしょう。

緊急性が高いケース

キッチンの水漏れが大量であれば、日常生活が続けられなかったり、集合住宅で階下の人に迷惑をかけてしまったりするかもしれません。そんな時は素早く来てくれる業者にトラブル解消を依頼しましょう。

キッチンの水漏れを放置することで起こるリスク

キッチンの水漏れは、大量であればすぐに修理に着手するかもしれませんが、少量であれば緊急処置を施して放置しがちです。しかし水漏れは量の多少にかかわらず、放置するとさまざまなリスクがあります。下に例を挙げましょう。

・蛇口などの供給側が漏れている場合、水道料金が高くなる
・集合住宅の場合、漏れた水が下の階に流れていき、近所トラブルに発展する
・悪臭の原因になる
・床材の腐食に繋がり、カビなどが発生することで住んでいる人の健康被害が出る
・賃貸物件であれば、放置した責任として補修費用を要求される可能性もある

特に賃貸物件の場合、のちのち必要以上の費用がかかる場合があります。修理方法がわからないから、とキッチンの床にバケツを下に置くなどしてごまかさず、すぐに業者を呼ぶことをおすすめします。

キッチンの水漏れ対処法まとめ

キッチンで起こる水漏れの発生場所やその原因、対処方法についてまとめました。水漏れを放置すると水道費用が上がったり、近所トラブルや健康被害つながったりとさまざまなトラブル要素を含んでいますので早めに対処しましょう。

横浜・東京周辺で水漏れに困っている場合、ぜひ「たうん水道修理センター」にご連絡ください。当社は年中無休で無料の電話相談を24時間行っています。水漏れのトラブルは時間がたつほどダメージが深くなるケースが多いですから、深夜でも遠慮なく当社にご相談ください。最短30分で駆け付け、状態に応じたお見積もりを行います。

見積の内容と金額に了承いただければ、素早く作業を開始します。作業時間や費用は内容によって異なりますが、見積金額に了解をいただく前に勝手に作業を開始することは絶対にありません。また、「たうん水道修理センター」はお見積もり、出張費用は一切いただいていませんので、見積金額や作業内容に納得いただけない場合、お断りいただいても構いません。ぜひお気軽にご相談ください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索