【横浜市西区修理事例】水回りのつまり

状態

横浜市西区のご家庭から、キッチンと洗濯機、風呂場の排水がつまったという相談が入りました。

水回りの排水管は床下でつながっていますので、排水管のつまりによって、菅がつながっている水回り部分が流れにくくなります。

床下部分で発生したトラブルなので、専門業者による対処が必要となります。

水回りが使えないと大変不便ですので、専門の水道業者に依頼をおすすめします。

原因

キッチンや洗濯機、風呂場の排水が詰まってしまった原因は、床下の排水管の合流先が詰まってしまったためでした。

水回りの位置はバラバラでも、床下で排水管がつながって一つになって、下水管に流れていきます。そのため、どこかひとつの箇所が原因で詰まっても、他の箇所も流れが悪くなったり逆流してしまうことがありますので、早急に対応が必要です。

修理方法

不具合が起きている一番手前のキッチンの排水管から、電動トーラーを入れることで、メインの排水管を慎重にきれいに掃除することで、つながっている他の箇所のつまりの解消をすることができました。

油は残っていると何度も詰まるため、念入りに掃除を行い、さらにサビがひどかったため、サビ掃除も行いました。

修理の時のポイント

手前部分にあるキッチンの排水管から作業を行いました。下水排水管は経年劣化によって古くなっていたため、配管の破損にならないように、電動トーなーを用いて、慎重な作業を行うようにしました。

お客様の声

キッチンだけでなく風呂と洗濯機と水回りのつまりが起こったので 「たうん水道修理センター」に相談し、来ていただきました。とても丁寧に作業を行ってくれて、すべてのつまりが解消されたので安心しました。

キッチンの流れが悪かったのは、排水管の中に油汚れがついているからと言われてびっくりしました。

すぐにつまりを解消してもらえて、サビの掃除もしてもらえたので助かりました。

比較的、金額も安かったので、今後も何かあった時には「たうん水道修理センター」に依頼しようと思います。

担当からの一言

複数の水回りが詰まっているということで、合流先の配管が原因と分かりました。もっとも手前のキッチンから電動トーラーを入れて、メインの配管のつまりを解消しました。

下水の配管が古くなっていたため、傷つけないように慎重に作業を行いました。

最終的には、つまりも解消することが出来てよかったです。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA