【横浜市鶴見区修理事例】キッチン床下のつまり

状態

横浜市鶴見区でキッチンの床下部分の配管のつまりによって発生した水のトラブルの相談が入りました。

キッチンは毎日使い、油の汚れが多く流れにくくなります。床下部分で発生したトラブルなので、個人での対処を行うのは難しいと考えられます。

キッチンが使えないと大変不便ですので、早めに専門の水道業者に相談してみることをおすすめします。

原因

今回のキッチンの流しがつまって流れが悪くなった原因は、排水管の油汚れとサビによるものでした。

キッチンの場合、日ごろ行っている調理によって出る食べ物のかすや、油などを流すことになるため、油汚れによって、詰まりやすくなり、漏水の原因となります。 

また、放置しておくと排水管のつまりが発生するだけでなく、排水管の破損のおそれもあるので迅速な対応を要します。

修理方法

キッチンの床下の排水管が油で詰まっているので、電動トーラーを使用して、つまりを解消することにしました。電動トーラーは、先端にブラシがついており、汚れをしっかり排除してくれるので、綺麗にすることができます。

油は残っていると何度も詰まるため、念入りに掃除を行い、さらにサビがひどかったため、サビ掃除も行いました。

修理の時のポイント

排水管に付着している油汚れは残っているとトラブルを引き起こすため、電動トーラーを使うことで、丁寧に除去するようにしました。さらに鉄の排水管でサビもひどかったため、サビの掃除も行うようにしました。

お客様の声

キッチンの流しの流れがつまりが気になり、毎日使うところなので困って「たうん水道修理センター」に相談しました。連絡をしたらすぐに来訪してくれたので安心しました。

キッチンの流れが悪かったのは、排水管の中に油汚れがついているからと言われてびっくりしました。

すぐにつまりを解消してもらえて、サビの掃除もしてもらえたので助かりました。

比較的、金額も安かったので、今後も何かあった時には「たうん水道修理センター」に依頼しようと思います。

担当からの一言

キッチンの流しの排水が悪い原因は、油だと分かったので、すぐに電動トーラーで除去しました。

排水管の汚れは、綺麗に除去しないと、再度つまりが発生する可能性があったため、丁寧に汚れを落とし、古い鉄の排水管だったので、サビも掃除しました。

最終的には、つまりも解消することができました。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA