賃貸物件で台所が水漏れ!正しい対応を説明します

キッチン

賃貸住宅で水漏れが起こった際、台所の水漏れはどこに依頼するかご存知でしょうか。持ち家なら、水漏れの修理業者に自分で依頼します。しかし賃貸住宅は自分の家ではないため、管理会社やオーナーに依頼し、対処してもらう必要が出てきます。

今回は、賃貸物件で水漏れが起きた場合の対応と、賃貸物件での水漏れの責任問題について解説します。

賃貸物件の台所で水漏れが発生したら、まずは出来る範囲で対応!

賃貸物件で水漏れが発生したとき、どういった対応をすれば良いのでしょうか。

応急処置後は、大家さんか管理会社に連絡

賃貸物件で水漏れが発生したら、まずはこれ以上悪化しないように、応急処置をする必要があります。水道業者に頼むことになるので、すぐに来てもらうのであれば、水道の元栓を締めてしまいましょう。

応急処置が完了したら、次は大家さんか管理会社に連絡をいれます。水漏れトラブルでかかる修理費用の多くは、管理会社や大家さんが負担してくれることがあります。また、賃貸によっては修理依頼をする業者が決まっていることもあるので、まずは大家さんか管理会社に連絡しましょう。

水道業者に連絡をすることも忘れずに

大家さんか管理会社へ連絡を入れたら、次は水道業者へ連絡します。大家さん自身が水道業者を呼んでくれることもありますが、ほとんどの場合自分で連絡することになります。水道業者に水漏れの状態を伝えたら、見積もりを出してもらえるかの確認もしてください。

もし自己負担となったとき、できるだけ安くするためには、複数の業者からの見積もりが重要となります。簡単な修理であっても、1万円程度かかることもあります。

賃貸物件の台所で水漏れが起こった際の責任の所在

賃貸物件で水漏れトラブルが起こった際、支払いすべてが大家さんや管理会社というわけではありません。大家さんや管理会社に支払ってもらうためには、自分の扱いに非がないかどうかがポイントとなります。

老朽化などの物件の不具合は大家さん・管理会社側の責任

一般的に、水漏れトラブルが起こった際、大家さんや管理会社が支払います。水漏れトラブルが起こる原因の多くが、設備の老朽化や設備不良によるものだからです。管理会社側は、賃貸物件を貸し出す際に必ず室内の設備が整備された状態にする義務があります。

老朽化などの不具合に関しては、設備の整備を怠ったことになるので、管理会社側が負担することになるのです。しかし、賃貸の契約によっては、いかなる理由であっても自己負担である場合があります。

水漏れトラブルが起きる前に、契約書の確認をしておきましょう。

不注意や過失による水漏れは借主側の責任

蛇口を締め忘れたり、強くたたいてしまったりといった不注意や過失は、当然ですが借主側の責任となります。日常生活でつい蛇口を閉め忘れる、洗濯機のホースが外れてしまうというのは珍しくありません。

しかし、これを放置してしまうと水漏れの原因となり、最悪の場合床下に浸水してしまう恐れもあります。

賠償の際、「個人賠償責任保険」が適用できるケースもある

水漏れトラブルで被害者になったとき、火災保険は適用されませんが、「個人賠償責任保険」の適用が認められるケースがあります。個人賠償責任保険とは、普段の生活における破損に対して、責任賠償が発生した際に適用される保険のことです。

水漏れして階下の部屋まで広がった時、賠償責任の義務が発生したら適用することが可能です。この保険は単体では加入できないため、クレジットカードやほかの保険とセットになっていることが多いです。

個人賠償責任保険が付いたクレジットカードを解約してしまうと、保険自体も解約されることがあるため注意してください。集合住宅の多くの方は、個人賠償責任保険に加入しています。加入しているか分からない方は、一度お問い合わせでご確認ください。

自分が水漏れの被害者の場合は?

天井に染みができ、床が濡れていたら、階上の水漏れトラブルの被害者になります。被害者になったとき、自分では水漏れを防止することはできません。家の損害についても、どうなるのかみていきましょう。

大家さんか管理会社にすぐに連絡

自分が水漏れの被害者になった場合は、泣き寝入りする必要はありません。まずは大家さんか管理会社へすぐ連絡を入れましょう。水漏れ被害が起きた際、賃貸物件の損害は大家さんが負担することになります。

到着する前に被害状況を撮影し、証拠を残しておく

大家さんや管理会社が現状を確認するために、自宅の状況を見に来るでしょう。また、加害者とも話し合いをすることもあります。管理会社から相手の原因を聞き、損害請求について話をしていかなければなりません。

水漏れ被害では、賃貸だけではなく、家の家電や家具にも被害が及びます。大家さん側は家具などの損害は負担しないため、加害者から賠償金の支払いを請求するために、証拠となる写真や被害状況をまとめておく必要があります。

賃貸物件での台所の水漏れまとめ

台所の水漏れトラブルは、賃貸物件であればまず大家さんか管理会社へ連絡する必要があります。その後に水道業者に連絡するのを忘れないでください。

そして、水漏れトラブルの被害者になった場合は、個人賠償責任保険を適用することもできます。天井からの水漏れを発見したら、ただちに大家さんか管理会社へ連絡しましょう。

水漏れトラブルが起こったら、必ず水道業者を選ぶ必要があります。どこでも良いからと連絡するのではなく、自己負担になったときのことを考え、お得な水道業者を選びましょう。たうん水道修理センターでは、賃貸で水漏れトラブルが起きたときも、最短30分で対応することができます。

水漏れトラブルでお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索