【横浜市戸塚区修理事例】老朽化した配管の交換

状態

横浜市戸塚区から、下水のつまりで困っているという相談を受けました。

建物での下水からでた汚水を流す汚水桝は、経年によって、建物からのゴミなどが溜まりつまりの原因となることがあります。

コンクリート製の下水桝は、劣化が早くトラブルが起こりやすくなります。

専門的な工事が必要となりますので、いち早く専門業者による対処が必要です。

原因

今回の件は、コンクリート製の下水の排水桝を使っていたため、劣化が早くやってきてしまい、破損したために、下水のつまりが起こったことが原因でした。

コンクリート製は、塩ビ製と比べて、10年から15年ほどと短めの耐用年数です。

排水管のつまりが発生するだけでなく、悪臭の原因ともなりますので、工事による取り換えが必要です。

修理方法

コンクリート製の下水桝を穴を掘って確認をした結果、配管の接続部分が、かなり傷んでいるために、下水のつまりが発生をしていたことが分かりました。そのため、掘った穴の周辺の配管に気を付けながら、新しく、塩ビ製の小口径桝に取り換える工事を行いました。工事を行うことで、下水のつまりを解消することができました。

修理の時のポイント

コンクリート製の下水の排水桝は、穴を掘って確認を行い、新品に交換をしなければいけませんでした。

下水桝の周辺にある、水道管やガス管を傷つけてしまわないように、慎重に作業を行いました。

お客様の声

下水がつまったことにより、トイレや風呂、キッチンなど、毎日何度も使う場所に支障が出て、とても困って「たうん水道修理センター」に相談して、来ていただきました。

コンクリート製の下水桝を掘って、交換すると言われ、工事になってびっくりしましたが取り換えてつまりが解消できて助かりました。

すぐにつまりを解消してもらえて、サビの掃除もしてもらえたので助かりました。

「たうん水道修理センター」に依頼して良かったと思います。

担当からの一言

下水がつまって水回りが使えなくなった原因は、コンクリート製の下水桝の老朽化によるものだと分かったので、すぐに工事を行いました。

穴をあけて、塩ビ製の小口径桝に取り換えるときには、周辺の配管に細心の注意を払いました。

塩ビ製に変えることで、つまりを解消することが出来ました。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA