お風呂のシャワーから水漏れする原因と対処方法を解説|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

お風呂のシャワーから水漏れする原因と対処方法を解説

お風呂のシャワーを使ったあとに、水が垂れて止まらないという経験がある方もいるのではないでしょうか。
蛇口をきちんと締めても止まらない場合は、シャワーから水漏れが起きている可能性があります。

本記事では、お風呂のシャワーの水漏れの原因や自分でできる対処方法を詳しく解説します。
お風呂のシャワーの水漏れを直したいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

お風呂のシャワーの水漏れの原因

お風呂のシャワーはさまざまな部品が接続されており、特に部品と部品のあいだの接続部分は水漏れが起きやすいです。
どこで水漏れしているかによって原因や対処が変わるので、まずはシャワーのどこで水漏れが起きているかを特定することが大切です。

シャワーヘッドの先端部分からの水漏れ

シャワーヘッドの先端は水が溜まりやすいため、シャワーを使った後はシャワーヘッドに残った水が垂れて出てくる場合があります。
シャワーヘッドを下に向けて残り水をしっかり出しきれば、ほとんどの場合は水が垂れなくなるでしょう。

しかし、残り水を出しきっても連続して水が出てくる場合は、蛇口がきちんと締まっていないか、水栓内部のトラブルの可能性があります。
蛇口をきちんと締めても水が止まらない場合は、水栓内部の部品を交換する必要があるでしょう。

シャワーヘッドの根本部分からの水漏れ

シャワーヘッドの根本部分からの水漏れは、接続部分のゴムパッキンが劣化している場合やゴムパッキンが外れている場合が考えられます。
また、シャワーヘッド本体が劣化や破損しているとシャワーヘッドから水漏れが起きます。

部品の破損や劣化が原因の場合は、新しい部品への交換が必要でしょう。

シャワーホース自体の劣化による水漏れ

長期間同じシャワーホースを使用している場合は、経年劣化によってシャワーホース自体に 亀裂が生じて穴が開き、水漏れが起きます。
防水テープなどで応急処置もできますが、 一時的にしか水漏れが解消されないため、シャワーホースを交換する必要があるでしょう。

シャワーホースの根本部分からの水漏れ

シャワーホースは、ナットやゴムパッキンなどの部品で取り付けられており、接続部分から水漏れが起きることがあります。
接続しているナットが緩んでいる場合は、締めなおすことで水漏れが解決するでしょう。

ナットを締めなおしても水漏れが止まらない場合は、ゴムパッキンや接続部品が劣化している可能性があるため交換が必要です。

自分で直せるお風呂のシャワーの水漏れの対処方法

お風呂のシャワーからの水漏れは、自分で対処できる場合もあります。
簡単な部品交換であれば、専門の業者に依頼せずに自分で水漏れの修理ができるでしょう。

ここからは、部品が破損したときの水漏れで、自分でできる対処方法を紹介していきます。

対処方法①ゴムパッキンの交換

シャワーヘッドの根本部分からの水漏れは、ゴムパッキンが劣化している可能性が高いため、ゴムパッキンを交換することで直る可能性があります。
以下に、ゴムパッキンの交換方法をまとめました。

ゴムパッキンの交換方法

  • シャワーの水栓の止水栓を締める
  • シャワーヘッドを取り外す
  • 内部のゴムパッキンを取り外し、新しいゴムパッキンに交換する
  • シャワーヘッドを戻す
  • 水を流して水漏れしていないか確認をする

ゴムパッキンは10年程度で劣化しますが、簡単に点検や交換ができるため定期的にゴムパッキンの点検をするとよいでしょう。

対処方法②シャワーヘッドの交換

シャワーヘッドが破損して水漏れしている場合は、シャワーヘッドの交換が必要になります。
以下に、シャワーヘッドの交換手順を簡単にまとめました。

シャワーヘッドの交換方法

  • シャワーの水栓の止水栓を締める
  • 破損したシャワーヘッドを取り外す
  • ゴムパッキンが劣化していないか確認をする
  • 新しいシャワーヘッドを取り付ける
  • 水を流して水漏れしていないか確認をする

シャワーヘッドの寿命は、一般的に約5年といわれています。
古いものを使い続けると壊れやすくなるため、シャワーヘッドも定期的に点検をしましょう。

対処方法③シャワーホースの交換

シャワーホースを長期間使用していると摩擦や経年劣化によって穴が開き、水漏れがおきます。
亀裂や穴がある場合は、新しいシャワーホースに交換しましょう。

以下にシャワーホースの交換手順をまとめました。

シャワーホースの交換手順

  • シャワーの水栓の止水栓を締める
  • シャワーヘッドからホースを抜く
  • 水栓とホースを接続しているナットを外す
  • 新しいホースと水栓をナットで接続する
  • 新しいホースとシャワーヘッドを接続する
  • 水を流して水漏れしていないか確認をする

一般的にシャワーホースの寿命は約5年といわれているため、穴が開く前に定期的な点検と交換をしましょう。

業者に依頼してお風呂のシャワーの水漏れを直したほうがよいケース

シャワー周辺の水漏れは、自分では原因が特定しづらい場合もあります。
原因の特定も含めて、専門の業者に水漏れを直してもらうと確実でしょう。

ケース①自分で修理をしたが水漏れするケース

水栓の内部が破損している場合や、その他の自分では修理できない部分の劣化で起こる水漏れもあります。
以下に、水漏れの原因になりやすい場所をまとめました。

水漏れの原因になりやすい場所

  • ハンドル部分
  • 排水口
  • 開閉バルブ
  • 切り替えバルブ

上記のものは部品ごと交換したほうがよい場合が多いため、専門の業者に依頼して新しいものに取り換えてもらうことをおすすめします。

ケース②配管自体が破損しているケース

配管はどの部分が破損しているか素人ではわからないケースが多いため、修理をしようとして逆に水漏れが悪化する可能性もあります。
また、見えない部分での水漏れは気付きにくく、自分で修理することができません。

配管自体が破損している場合は、専門の業者に依頼して直してもらいましょう。

業者に依頼する前に一時的にできる応急処置

水栓内部のバルブが水漏れの原因の場合、水栓本体を専門の業者に交換してもらう必要があります。
しかし、一時的な応急処置として防水テープを使って修理することもできます。

以下に方法をまとめました。

水栓内部のバルブからの水漏れに対処する方法

  • シャワーの水栓の止水栓を締める
  • バルブを固定しているネジを緩めて取り外す
  • バルブの取手を取り外す
  • バルブの先端より少し下に防水テープを2~3回巻く
  • バルブを元に戻す
  • 水を流して水漏れしていないか確認をする

上記の方法はあくまでも一時的な対処のため、早いうちに専門の業者に依頼して直してもらいましょう。
応急処置で水漏れが止まっても、きちんと修理をしなければ再度水漏れが起きる可能性もあるため注意が必要です。

その他家庭で起こりやすい水道トラブルとは

ここまで、お風呂のシャワーの水漏れについてご紹介してきましたが、水回りは他にもたくさんあるためいざという時の対処法を知っておきたいですよね。

こちらの記事では、お風呂の他にもキッチンやトイレなど、水回りのトラブルの予防方法についてご紹介しています。
気になる方はぜひご参照ください。

トイレやキッチンなどの水道トラブルの予防方法まとめ

お風呂のシャワーの水漏れは原因ごとの正しい対処が大切

いかがでしたでしょうか。

お風呂のシャワーは、経年劣化や破損によって水漏れが起こる場合があります。
そのため、水漏れの原因ごとに適切な修理をすることが大切です。

簡単な部品交換で直る水漏れの場合は、新しいゴムパッキンやシャワーホースなどをホームセンターで購入して、自分で水漏れを修理することができます。

お風呂のシャワーの水漏れで困ったときは、専門の業者に見てもらうことが1番です。
東京・横浜周辺にお住みの方で、お風呂のシャワーの水漏れに困ったときは、たうん水道修理センターをぜひご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA