お風呂のシャワーから水漏れ!シャワーの構造から解決方法まで解説

お風呂場

お風呂のシャワーから水漏れがするとき、水漏れの原因によって交換する部品や修理方法はさまざまです。まずはシャワーのどの部分から水漏れが起きているか確認することが大切です。

今回は、シャワーの構造や水漏れの対策について詳しくご紹介します。

シャワーの水漏れが起こりやすい箇所と解決方法

ヘッドの先端部分からの水漏れ

シャワーヘッドは、シャワーのお湯が出る部分のことをいいます。ヘッドの先端から水漏れが起こっている場合は、シャワーヘッドの内部に溜まった残留水が垂れているだけの可能性があります。ヘッドを下に向けることで、水が連続して垂れなければ残留水です。

残留水は故障や水漏れといったトラブルではなく、シャワーを使用した際に余った水が垂れているだけの状態です。シャワーヘッドを下に向けても水漏れが収まらない場合は、お風呂の水栓内の開閉バルブを確認・交換する必要があります。

ヘッドの根本部分からの水漏れ

シャワーヘッドからの水漏れは、パッキンが外れている、経年劣化によるというものが多いです。また、シャワーヘッドの素材自体にひびが入り、間から水が漏れてきている可能性があります。

プラスチック製のシャワーヘッドや金属製のシャワーヘッドは、素材自体が脆くなることもあるので、割れ目がないか確認してみてください。パッキンの交換を行う際は、ラジオペンチを利用して交換します。

シャワーヘッドを取り外し、ホースの金具の内側に付いている黒いパッキンを取り外してください。あとは同じ大きさと形状のパッキンを取り付けて、元に戻したら交換完了です。パッキンはホームセンターまたはネット購入が可能です。

さらに、備え付けられたシャワーヘッドを市販品で取り換えた場合、シャワーヘッドとシャワーホースのメーカーが違うと、部品のつなぎ目から水漏れを起こす可能性があります。水漏れを起こさないために、接続アダプターが付属していることもあります。

なおシャワーヘッドの水漏れには、故障ではなく、前項で説明したようにシャワーヘッド内部に残った水が垂れているだけの可能性があります。確認するために、一度シャワーヘッドを下に向けてみてください。このとき水が連続で流れ出なければ問題ありません。

シャワーホースの根本部分からの水漏れ

シャワーホースの根本は、ナットや接続部品で取り付けられています。根元からの水漏れは、ナットが緩んでいたり、パッキンが劣化していたりすることが原因です。ナットを締め直して水漏れが改善されるかどうか確認してください。

改善されないようであれば、パッキンなどの部品の劣化による可能性があります。自分で交換することもできますが、パッキン以外にもエルボ部分の劣化の可能性もあるので、水道業者に依頼して修理してもらいましょう。

劣化によってシャワーホース自体から水漏れすることもある

シャワーホースは経年劣化で穴が開いたり、亀裂ができてしまったりといったことがあります。シャワーホースが床に当たっている場合、使用時に頻繁に床に当たり劣化する可能性が高まります。シャワーホースに傷がついてしまうと、お湯を出すたびに水漏れが起こります。

テープで止めて一時的に補修することもできますが、基本的にシャワーホース自体を交換して対策しましょう。シャワーホースを交換する場合は、モンキーレンチが必要です。シャワーホースを交換する際は、同じ太さのものを購入して取り付けましょう。

シャワーと接続している水栓自体から水漏れの場合

水漏れしている部分のナットを締め直す

水栓部分の水漏れは、ナットが緩くなって起こることがあります。シャワーホースの根本部分の水漏れ解決法同様、ナットをレンチで締め直すことで、水漏れを解決することができる場合があります。

パッキンの交換などが必要な場合、業者に依頼するのが安全

ナット部分を締め直しても改善されない場合は、パッキンの交換が必要となります。パッキンのサイズや修理の手間を考えると、業者に依頼した方が無難です。

シャワー周りの水漏れで業者に依頼した方が良いパターン

シャワー周りの水漏れが起こったら、自力で直さずに業者に依頼した方が、スムーズで確実に修理を完了することができます。

上記の方法を全て試したが水漏れするケース

ここまで挙げたシャワーの水漏れ対策をすべて試しても水漏れが起こる場合、そのほかの原因がある可能性があります。

シャワーは水栓に圧力がかかることで、内部の劣化を速めてしまいます。その他水栓部分の劣化や、そもそもシャワーヘッドや、シャワーホースのサイズが合っていないことで起こる水漏れもあります。特に水栓部分の水漏れの原因は多く、シャワーの接続部以外にも、ハンドル部分や排水口、開閉バルブの故障、切り替えバルブの故障などが考えられます。

自力での修理が不可能なパーツもあるので、迅速に水道業者に依頼しましょう。

配管自体が破損している可能性があるケース

そもそも配管自体が破損している場合は、水道業者に依頼するべきです。配管のどの部分が壊れているのか素人では分からないので、下手に触るとさらに悪化する可能性が高まります。また、手が届かない位置である可能性もあります。

お風呂のシャワーから水漏れが発生したケースまとめ

シャワーからの水漏れを防ぐには、シャワーヘッド内に溜まった残留水をしっかり抜くことが大切です。シャワーヘッドを下に向けるだけで抜くことができるので、お風呂から出るときについでに抜いておきましょう。

また、水漏れは主に部品の劣化から起こります。家を長時間空けるときは、水道の元栓を締めるだけで劣化を遅らせることができます。

万が一水漏れが発生したら、たうん水道センターをご利用ください。電話をもらって最短30分で到着するので、突然シャワーから水漏れが起きた際も、すぐに使える状態に修理します。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索